FC2ブログ

終のカートリッジMC-F1000

さすがにコロナ禍で これだけ長く外出禁になってくるとストレスが溜まる一方ですが、私は最近は家の中でカートリッジの修理に嵌っていますので、これで暇を持て余す様な事がないのは幸いです。

先の2月14日の記事でMC-L1000の修理は10本目に到達しましたが、ここに来て続けて3本のMC-L1000の断線品を修理してF1000化の成功数はトータルで13本に延ばしています。
最近の修理は失敗せず、2月14日の記事の個体も含めて4連続1発で成功させています。
2I3A5902aa.jpgしかし、この修理のかなりの難さが変わるわけでもなく、簡単にできる作業ではありません。難しいがゆえに奥が深くて面白いとも言えるのですが。2I3A5892HH.jpgカンチレバーにコイルを載せ終わった直後の画像です。カンチレバーを突き抜けたダイヤモンドチップの背に、写真では大きく見えますが、直径が僅か1mm程度の五角形のマイクロコイル(コイルを円形ではなくベース型にして磁気ギャップにコイルが平行に入る様に工夫した事が凄いのです)が極僅かの隙間もなく、樹脂など他の素材を介在させずに張付けてある事に注目です(カンチレバーとチップ、コイルを直結した真のダイレクトカップル)。また左右のコイルを点ではなく線で結合する事によってメカニカルアースをとっている事も重要なポイントです。コイルの固定には光硬化型接着剤を使って不要な振動が起こらない様に強固に固定してあります。
2I3A5909VV.jpgさて、暫くこのフィデリックス社のマイクロコイルに載せ替えた『MC-F1000』を聴いてみた音質の評価ですが、
ベース機のVictor社のMC-L1000は私自身が長い間レファレンスカートリッジとしてきたほどの最高峰クラスのMCカートリッジのひとつだと思っています。
周波数レンジは広く、全帯域で立上がりの速い切れの良さで、低域は力強く引き締まり、中域は密度があるので実在感が高く、高域は良く延びて癖がありせん。全くこのMC-L1000でも通常使うには最高レベルのカートリッジとしての評価は揺るぎないものです。
しかし、フィデリックス社のコイルに載せ替えた『MC-F1000』を聴いてしまうと もうMC-L1000に戻る気がしない位に音は違います。
まず、一聴で違うのはF1000はL1000から1~2枚ベールを剥いだという位に曇が取れて空間の奥深くまで鮮明に見える様に(聴こえる様に)なる事です。
また、歪みもレコード再生の場合は何かしら感じるのですが、これが「これ、レコードの音?」という位に驚くほど少ないのです。
それは、音として今までどのカートリッジからも聴いた事がない爽やかさとなって聴こえてくるのです。

今まで、数多のMCカートリッジを所有して聴いてきましたが、必ず夫々のカートリッジには一長一短がある為、沢山のカートリッジを手元に置く事になっていましたが、現在は『MC-F1000』以外に聴く事はなくなってしまいました。それほど素晴らしいカートリッジだと思います。
私にとって、このMC-F1000が長いカートリッジ遍歴の最後に行き着いた物になるのではないかと思える様になってきています。

スポンサーサイト



コメント

No title

それは素晴らしいことです。小生手持ちが3本ありますので、そろそろ1本お願いします。

No title

先生、
拙宅に来られた時にL1000とF1000の音の差がある事は聴いて分かってしまっている方をそのままにしておくわけにはいきませんね。この件は後程ご相談させてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR