FC2ブログ

VictorMC-L1000の底突きの修理

2I3A5289aa.jpgアナログプレーヤーPL-31E/TSは非常に満足のいく音質までになり、殆ど弄るところはありませんので、今は断線したMC-L1000のコイルの載せ替え修理の数をこなして慣れる事に専念しています。

そうしている中でコイルを修理を終えてレコードに乗せると針先が沈み込んで腹を突いてしまう個体がある事です。
製造からすでに30年以上たつのですから保管状態によってはダンパーが劣化していて正常ではないものも多くなってきているのではないかと思っています。
今回苦労してコイルを治した個体もレコードに乗せると腹を擦ってしまいます。
これでこの様な状態の物は二個目なので、この様な事が頻繁にあると治すテンションも下がってきてしまいます。

さて、このコイルの修理が完了したMC-F1000ですが、このままでは使用する事ができませんので、『なんとか使える様にならないものか。』と考えていましたが、工夫をすれば再び使える様になる事がわかりました。
通常はダンパーを交換するか、ゴムの復活材を塗るとかが思いつくのですが、ダンパー交換ともなればダイレクトカップル型ではコイルまで交換しなくてはならず、今までは修理は不可能と思われてきました。また、ゴム系の復活材などは劣化したダンパーにどの様に作用するか不明なため実際の効果はどの程度あるのか不安な点がありまた。

今回はダンパーを弄らなくてもボディとのクリアランスが取れれば全く正常な音が出る事が手持ちの他のL1000との比較でわかりましたので、もし、MC-L1000の底着きで悩まれている方がおられましたならば一度ご相談ください。2I3A5306BB.jpg




スポンサーサイト



コメント

No title

これはVictor MC L1000のユーザーに極めてうれしい情報です。

No title

素晴らしい。素晴らし過ぎます!milonさんはまさにマイスターですね。
MC-F1000/TSと呼ばせて頂きましょう(笑)

No title

ナゾ男さん、
何時もダンパーのへたりを心配して使っていた方、ダンパーがヘタってしまい使わなくなってしまった方はいると思います。発売当時から今に至るまで最高峰のカートリッジの一つですので壊してしまったり、仕舞ったままなのは勿体ないと思います。

No title

pipinさん、
MC-L1000のF1000化は何度やっても難しいですが、だんだんと慣れてきました。
極難しい作業が終わりレコードに乗せた時に腹着きだった時のショックは大きいですが、今回これを治す事ができる様になって、よりはF化に自信が持てる様になりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR