FC2ブログ

PL-31E/TSのまた新たな試聴感想

先日shuksさんからの試聴記事をブログに載せて頂きましたが、
今回は日野市のSeaBass さんから制作依頼を受け納品したPL-31E/TSの試聴感想を頂きました。
そのSeaBass さんのサイトには多数のアンプ制作の記事が載せられていて、その数は驚くべきものですので一度のぞいてみてください。
以下は今回SeaBassさんから頂いた試聴感想です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
SeaBass.jpg
こんばんは。先ずはお礼と報告まで。
予定通り、本日午前中に無事受け取りました。
プリアンプの一部オーバーホールをしていたことも有り音出しは夕方になってしまいましたが、
取りあえず M-21 と手持ちの単3エネループを6本繋いで音出ししてみました。
予想通り、静かで透明で野太い音が出てきました。 まさに音溝から全ての情報を正確に引き出している様に思います。
旧来から使用の MICRO DD-8 (改)もそれ程悪くはないのですが、竹本スペシャルに比べるとやはり音に濁りを感じます。
理由を考えてもなかなか頭の中の整理がつきませんが、PL-31E/TS は確かにおっしゃるような解き放たれた音で感涙ものです。
こちらの再生音を聞いてしまうとやはり MICRO DD-8 はすっかり色褪せてつまらない音に聞こえてしまいます。

この度は貴重なお時間を私の為に割いて戴き本当にありがとうございました。
思いがけず M-18 の復活とおそらく究極のアナログプレーヤーに出会うことが出来ました。
私の場合アナログは遠の昔に諦めてDSDとSACDにフォーカスしていましたが、
アナログでこれだけのクオリティがしかもリーズナブルなコストで得られてしまうとDSD再生側にもまだ工夫の余地があるように思えてきます。
これから色々なディスクを試聴して楽しみたいと思います。

この度は本当にありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
との内容でした。
今回のSeaBassさんにもPL-31E/TSを気に入って頂けた様で大変にうれしく思っています。
スポンサーサイト



コメント

竹本スペシャル

竹本さん、竹本スペシャルのプレーヤーPL-31E/TSの所有者がどんどん増えていますね!! 良い音で聴いてもらいたいと竹本さんの製作に対する情熱を感じます、集中力を要する作業だと思いますが、これからも竹本さん頑張って下さい!!

No title

ヒデさん、応援有難うございます。
まずは、聴いて頂かなければ評価も貰えません。少しでも多くの人に聴いて頂ければと願っています。

竹本スペシャル

この度はお世話になりました。
まだ受け取ってから5日目ですが、毎日ターンテーブルを回すのが日課になりつつ、面倒なはずのアナログレコードの手間が楽しく感じます(^^;

さて、今現在ですがこのPL-31E/TSは何台くらいこの世に存在するのでしょうか?
大量生産される訳ではないので未だ少数だとは思いますが、同じ衝撃を味わった方々が他にどれくらいいらっしゃるかが気になっています。

No title

SeaBassさん、
コメント有難うございます。
私のプレーヤーを聴いて頂くと、今まで聴いてきたレコードがもっと楽しく聴けるという方の感想が多く、これが一番大切な目的だと思っています。皆さん楽しんで音楽を聴いて頂ければ作った者としても何にも代えがたい喜びです。

制作台数は部品供給の方もいますので確かではありませんが、それも含めても20台程度ではないかと思います。中古のpl-31eがベースですので、これから作れる台数も限られます。
SeaBassさんも含めて本当に分かる方の元に届く事を願っています。

竹本スペシャル

まだ20台くらいでしたか。
少数派を喜んでしまうのは不謹慎ですが、
かといって大量生産されるはずも無い竹本スペシャルを前にして『もっと作ってよ』等と無粋なことも言えませんし(^^;
せめて近しい仲間達にはこの音を共有させて戴きます。

陳腐な言い回しで申し訳ありませんが、過去に散々聴きまくった30~40年くらい前のレコードが予想以上に鮮烈で陰影が深く美しく再生されるので本当に一曲一曲が楽しくなり、このところ毎日『こんな音が入っていたのか!』と驚きと発見の連続です。

運良くココにたどり着いた人はきっと幸せになれます(*^_^*)

ナイス〜〜

幅広い人々に浸透してきましたね〜 ピュアでナチュラルな再生音、わかる人には支持されますね(笑)

特徴的な音を好む人には不向きかも?(爆)

No title

SeaBassさん、真面目なジジイさん、
プレーヤー作りもあと10年早かったなら私のオーディオの景色も変わっていたかな?と思います。
それでも聴いて頂いた方々からの驚きの声を聞き、追ってきたレコードの中の真実が確信に変わっています。このブログを始めた時に最初に書いた書庫の『理想のオーディオ機器』にも書いてありますが、「レコードに刻まれた音はただ一つです。」と何度でも言います。
非公開コメント

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR