FC2ブログ

YAMAHA GT5000の波紋

私はアナログプレーヤーの回転はプラッターを手で回した時の音が究極で、もしも完璧な回転をするプレーヤーがこの世界に存在するとしたら、必ずこの『手回しの音』に近似すると確信していたのです。ですので、『レコードからどの様な音が出なければならないか?』と言う問いの答えが分かっている状態で、その究極の回転に辿り着く為の方程式を解く様なものだったのです。
この『手回しプレーヤーの音』の滑らかさと自然さと、そして優しさを通常のプレーヤーと比較すると、モーターで変調された音が いかに不自然な音を出すかはイヤと言うほど分かっていたので、どの様にすればヤクザ者のモーターの影響から逃れられるのか?を延々と考える日々でした。
https://millionhit515.blog.fc2.com/blog-entry-61.html
極端な事を言えば『プレーヤーからモーターを消し去りたい!』とまで思うほどでしたが、その長い旅も今はほぼ終わり、納得のできるまでの領域に辿り着いたと自分では思っています。
イメージ 1
このところの世界的なアナログブームに乗り、過去アナログを手掛けた日本のメーカーから新型のプレーヤーが続々と発売となっていますが、YAMAHAからもフラッグシップと思われるGT5000プレーヤーが来春発売になるとのアナウンスがありました。
外観をみると往年のヒット商品のGT2000のスタイルを踏襲している様にみえます。
メーカーは過去のレガシーに固執するものですので、当然ダイレクトドライブ方式で出してくるものと思っていました。
しかし、驚いたのは駆動方式がDDから一転、ベルトドライブ方式に変更されていたのです。
「YAMAHAはDD用のモーターが手に入らないので、仕方なくベルトドライブに変更した」との噂が実しやかに流れていますが、さて、それはどうでしょうか?

先日GT5000の詳細が発表されたのですが、最近のハイエンドプレーヤーが好んで採用している『糸ドライブの様にモーターをプラッターの外に置いて外周にベルトを掛ける方式』ではなく、私の改造ベースにしているパイオニアのPL-31EやLINNのLP-12、トーレンスなどと同じ『サブターンテーブルにベルトを掛ける内周駆動型』で、モーターも小さなシンクロナスモーターです。
イメージ 4

ベルトドライブの採用の経緯も説明されていましたが、私が今までブログに書いてきた内容を熟読して頂いている方には全てがそのままだと分かって頂けると思います。
イメージ 2
モーター自体を緩衝なくDDの様に直結で使ってしまうと、モーターの弱点がそのまま伝わってしまいますが、ベルトと言う柔らかいものが介在する事によって細かく速く変動する振動は伝わりづらくなり、ユックリとした変動に代わり人間が聴いた時に不自然さが感じられなくなるのです。これを私が聴いて『手回しプレーヤーの音』に一番近いドライブ方式だと判断したのです。
その後、私のプレーヤーはモーターのDC化と乾電池電源、ベアリング式シャフト、マグネフロートと進化をしてきましたが、基本構造は内周駆動のベルトドライブだったのです。
メーカーが今まで採用してきた過去の方式を覆す事はなかなか勇気のいる事ですが、私はYAMAHAのベルトドライブ方式の採用は、けしてDD用のモーターが入手できなかったからではなく、モーターからの悪影響を受けない最良な方法だと判ったからこそ採用したのであって、このYAMAHAの選択は英断だったと思います。

注目のピュアストレートアームの採用もあって音質には大いに期待をしたいところです。
イメージ 3

スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは~

ピュアストレートアームを散々馬鹿にしていた頭の固い爺さん達(私もジジイですが)はこれでも理論がどうだと言い張るんですかね(笑)

No title

こんばんは。

国内のメーカー、ヤマハとテクニクスが共に復活!、方向性が異なるのが楽しいですね。

ただ・・・価格が・・・どちらも手が届かないです!。

No title

実際に試聴できる機会は無いと思いますが、YAMAHAが復帰したことは嬉しいことです😊

国産オーディオが衰退して、外国製品ばかりになるのは辛いです。

ボンビーな私はジャンクオーディオ生活ですが、「いつかは・・・」と思えるだけでも夢があります😊

No title

> 気まぐれさん
何時もコメント有難うございます。
先にフィデリックスがネットに掲載した画像を見て、オフセットアームに付けたカートリッジが、どのような不安定な動作をするかを理解して頂けた方は多かったのではないでしょうか?
過去の製品にピュアストレートアームを採用していたヤマハがこれを見逃すはずはありません。

No title

> 西やんさん
最近のオーディオ製品の常で、数をこなせない為に価格が高くなってしまっているのは困った事です。
恵まれた方にはGT5000を手元に置いて、どの様な音が出るかを聴いてみてもらいたいものです。

No title

> mizujblさん
このGT5000でなくとも、通常のプレーヤーを使って工夫次第で いくらでも同じ体験ができるのです。
あとはやる気だけだと思います。

No title

電源はACにするしかなかったのですかね。重いプラッターだと電池とかで駆動出来ませんし軽いプラッターにしたらヤマハファンがこんなのGTじゃないとか言って相手にされないかな(笑)

往年の名機?GT-2000xよりかは改善されていると思いますけどDDがベルトになっただけで2倍の価格とは高すぎますね。

何年間販売されつづけるか注目です。

No title

はじめまして。
ブログを楽しみにしています。今回のGT5000の話も興味深く拝見しました。
SONYの方ではこんなアプローチをしているそうです。
アナログのマネっこをしていって、我々の耳にリアルと思い込ませることができるのか、聴いてみたい気がします。ただ、Walkmanに搭載したら、そんな部分の評価ができるのかなぁと思ってしまいました。

https://www.sony.jp/feature/products/vinyl/?s_tc=jp_ml_msmg_feajrny_181004_06&utm_medium=ml&utm_source=msmg&utm_campaign=181004

No title

こんばんわ
ヤマハのYP-600というプレーヤーを使っいますがベルトドライブの内周駆動式です。1976年の製品ですが自然で柔らかい音で、カッチリと正確なダイレクトドライブともゴリゴリくるダイナミックなアイドラードライブとも違う音で気に入っています。ヤマハの技術陣も何周か世代交代してしがらみなく自社の過去の技術を俯瞰できたのかもしれませんね。

No title

> 雪まるださん
バッテリー電源やソーラー電源はメーカーはマニアックすぎて採用する事はないでしょうね。
GT5000のスピンドルシャフトの直径はまだわかりませんが、太くしていない事を祈ります。
値段設定は今のご時世ではしょうがないでしょうね。

No title

> twe*d*ha*psさん
こんにちは。記事を読ませてもらいました。メーカーでも面白い取組をしているようで、今後の展開が楽しみです。

No title

> はんchanさん
はじめまして。でしょうか?
ヤマハもダイレクトドライブ移行前は優秀なベルトドライイブを作っていたんですね。でも時代がDDでなければ許さなかった。
『自然で柔らかい音』もし、このBDの音が力強さや、キリッとした鮮明さに欠けると感じられる様でしたら、原因はアームにある事がわかりましたので、機会があればZシェルをお試しください。

No title

ヤマハのDDモーターはビクター製とどこかで書いてありましたが、手に入らないというのも、あながち嘘ではないかもしれません。でもベルトの方が正解と思いますね。世界的にDDは評価されてませんから・・・

No title

> goe*68*さん
もしもDDで理想の手回しプレーヤーの音を実現するには完全な回転をするモーターが必要です。テクニクスのモーターも間違いなく進化をしていて、中川さんが聴いても「以前のテクニクスのDCモーターのDDは感心しなかったが、今回のDDはかなり音質が良くなっている」と言うほどの評価をしています。はたして完璧なモーターがこれから出現してくるのでしょうか?

No title

手回し方式は江川三郎さんが押してましたね。(といっても手回しで一定の速度を20分も維持することは非現実的だったわけですが。)亡くなった父は若いころ(50年くらい前)糸ドライブでタンテを回し、そのタンテにもう一台タンテ(こちらがアームのつくメインタンテ)を糸で連結して回していました。モーターと再生音の根源的な問題はそのころから意識されていたんですね。ベルトドライブのYP-600は私も持っていて、高域のきれいな音楽が生き生きと鳴るプレーヤーと感じます。

No title

> モハゲさん
コメント有難うございます。
お父様は糸ドライブの二重連をされていて、相当のマニアだったという事ですね。
特性がいくら良くてもモーターがブルブルと音を震わしている事が手回しプレーヤーの音と比較をして分かります。物の本質をもって知ることが大事だと教えてくれているのですね。
非公開コメント

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR