FC2ブログ

ジュエルトーンJT-RⅢの修復

今朝は零下の寒さとなりましたが、強烈な寒波からやっと抜けたようで今日の午後は寒さも和らいで楽な一日でした。

以前ダマテラ邸で聴いたジュエルトーンのカートリッジJT-RⅢの音は素晴らしく、忘れられない音になりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/27300241.html
構造は菱形アーマチュアを使いカンチレバーの中間からレコードの振動を拾う構造はダイレクトカップル型のSATINのカートリッジにとても良くにています。ただし発電はコイルではなく一本のリボンだという事ことです。ですので出力電圧が0.04mVと極端に低く、普通のMC入力フォノイコライザーや並のトランスではノイズが大きくて使い物にはなりません。
http://20cheaddatebase.web.fc2.com/needie/NDnagaoka/NAGAOKA.html
しかし、フィデリックス社のプリアンプMCR-38やレジェーロの超ローノイズのフォノイコなら十分にその能力を発揮できます。
なのでどうしても欲しいカートリッジの一つだったのです。
ヤフオクで検索を張っていましたが出品があり、今回落札できた物が今日到着しました。

早速どんな音が出るのかと期待しながらプレーヤーに付けてみましたが針圧をかけるとレコードに腹を着いてしまいます。
当然音も歪んでいて正常な状態ではありませんでした。
「あちゃー!こりゃーダンパーが駄目だわ」と思いました。
外観にも錆があり保存するのに適さない湿気の多い所にあったものと思われます。

このままでは聴けないジャンク状態なので普通はここでお手上げですね。
蓋を開けて中を見てみました。
イメージ 1
一度直そうと試みた形跡がありますね。赤い矢印の所に有るはずのテンションワイヤーストッパーのネジがありません。
通常のカートリッジはカンチレバーの根元にダンパーがあり、このカートリッジも写真の様に緑色のレバーダンパーがあります。しかし、その他に青の矢印の所にアーマチュアを保持するダンパーが左右にあります。これが劣化して剥がれてしまってアーマチュアが中に落ち込んでいました。
顕微鏡を見ながらアーマチュアを引き上げダンパーを所定の位置に接着しました。

再びレコード盤に乗せてみましたが、ボディは盤面から離れ音楽を奏ではじめました。
しかも極上の音です。
MCR-38プリのボリューム位置は5時とほぼフルボリュームですがノイズが気になる事は全くなく、これが超ローノイズフォノイコライザーの凄さです。
高能率のアルテックのA5を使ってこの位置ですので能率の低いスピーカーではゲインが足りずに苦労しそうです。
オークションのタイトルに動作品だと書いてあったので手に入れた今回のJT-RⅢは、もし他の方が落札していたなら間違いなく使用する事ができないジャンク品でした。希少カートリッジなので無理な修理をして壊したり、ゴミとして捨てられずに私の所で復活できた事は、私にもこのカートリッジにとっても幸いだったと思います。
イメージ 2

スポンサーサイト



コメント

No title

JT-RⅢの本格稼働を、オーナーの一人として心よりお慶び申し上げます。
と、言いつつ当家のは現在リタイヤ中(針先チップの剥離と診られます・・・)につき、今度入院加療をお願いすることになりそうです。

No title

カートリッジに関しては無敵だと感じます 感心いたしました♪

No title

ダマテラさん、
素晴らしいカートリッジなのに残念です。
一度状態を拝見させてください。

No title

> SEEDさん
カートリッジも数を診ればだんだん知識は付いてくるものです。修理した記事を掲載していますが治らないものも数多くありますし、かなり前の物でも「治す事が出来たのに失敗したなぁー」と今だに後悔するものも幾つかあります。

No title

> tni*****さん
もし来る事の出来る距離に住んでおられるならば是非聴きに来てみてください。
他に比肩するものが無いほど鮮烈な音のするカートリッジだと思います。
非公開コメント

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR