FC2ブログ

抵抗の放熱器を作りました。

前日の予報では強烈な寒波で夜に雪となっていましたが朝起きると雪もなく雨の跡もなく、寒いですが快晴でした。

先日フィデリックス社のチャンネルデバイダーLX-8が不調で自分で部品を交換して修理したと書きました。電源に使われている抵抗は非磁性の音質最優先のタンタル抵抗が使われていますが容量が2ワットとあまり大きくはなく、流れる電流の限度ギリギリで使用してあります。
使用しているとかなりの熱を持ち長い間に劣化して最後は切れて故障してしまいます。
中川さんは「電源なので非磁性ではないが金属皮膜抵抗で4ワット以上と容量の大きい物に換えても音質にはさほど影響はしない」と言いますが、できればこのままタンタル抵抗を使いたいので、温度上昇を避ける為に放熱用のフィンを熱伝導率の良い銅ブロックで作ってみました。
イメージ 1
モノラルデバイダーなのでプラス側マイナス側で2個、二台分なので合計で4個必要ですが完成まじかで中華フライス盤のギアがまた破損しました。溝切りに金属加工用の丸ノコギリを付けての作業でしたので負荷が大きかった様です。また修理ですね。
とりあえず2個は完成しましたので熱伝導シリコンを塗って放熱器に抵抗を差込み、先日修理した方のデバイダーに取付けてみます。
スポンサーサイト



コメント

No title

素晴らしいアプローチです 私も使えるところがありましたら注文したいですね 今のところないのが残念です

No title

有難うございます。御用命がありましたら何時でも製作します。

No title

銅ブロックでこのWebを見つけました。
私見ですが、ファンで強制空冷でもしない限り、溝切は効果がないと思います。また、数100℃未満では金属の放射率もばかにならず、その点では十分に酸化した銅の方が光沢面の10倍以上も良いそうです。
詳しくは下記Webをご参照下さい。
http://www.hakko.co.jp/qa/qakit/html/h01070.htm

No title

> ame**or44さん
コメント有難うございます。
これは抵抗の体積を増やすのが目的ですので実際にやってみて、抵抗に何も就けないものより付けた方が遥に効果はあります。フィンによる放熱効果は溝幅が細いのでやらないよりは良いかという気休め程度でしょう。
非公開コメント

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR