FC2ブログ

Lo-D HS‐500のマルチアンプ駆動③

台風一過の猛暑の後は気温急降下で梅雨に逆戻りの様な おかしな天気です。

前回はLo-Dの『HS-500』をマルチアンプ駆動時のシステム構成を書いてみましたが、
今回は試聴した結果について書いてみたいと思います。

『HS-500』は40年も前に作られたブックシェルフスピーカーですが
当時から国産機の中で高い評価を得ていた傑作機で、かなりの台数も売れたのか
これまでに幾度となく聴く機会がありました。
私の聴いた感じでは素直で癖が少ないのですが、地味で大人しい感じのスピーカーという印象でした。
これまでにサブ用に手元に置いて聴いてみようと思っていたのですが、
人気がありオークションでは結構値段が高く、下位機の『HS-350』をネットワークをフルチューンしてサブ機として使ってきました。
最近パワーアンプの『セレナーテ』をもう一台手に入れ、『miniDSP』のデジタルチャンデバが見つかったのを機に、一気にサブシステムもマルチ化への道が開けたのです。
『HS-350』をマルチでドライブしてみると、あまりの音質の向上に『HS-500』もマルチで聴いてみたくなり、価格も一時よりも安くなっていたので購入してみる事にしたのです。

さて、マルチアンプ駆動での音質の変化ですが、おそらくオリジナルのままの『HS-500』を聴いた事のある人は「これが『HS-500』の音か!」と吃驚するくらい違います。
まず一番違うのは空間の出来方で、奥行感が全く違い、奥深い広々とした空間に立体的に立つ歌い手やソリストがその空間に実在するかの様に鮮明に浮かびあがります。オリジナルネットワークでは空間に邪魔なもの(濁り)があり、大画面テレビでも見ているかの様に奥が浅く平面的に見えてしまうくらい違うのです。
音質も大人しく地味だと思っていたのですが、いやいや、ロックからジャズ、クラシックと何でもこなしてみせ、シュタルケルのチェロやキョンファのバイオリンなどの弦楽器や、女性ボーカルの艶めかしさは思っていた以上に鮮やかで生々しく、曲によってはメインのA5システム以上に魅力的に聴こえるところがあります。この後にカートリッジを替えても聴いてみましたが、各々のカートリッジの特徴や差をよく出し、比較評価をする時にも十分な能力を持っている事が分かります。
しかし、全てが良いわけではなく、オリジナルネットワーク使用よりもずっと良くはなっていますが、低音のドコドコとしたところは まだ感じますし(箱のせいかも?)、高域の音色は現行のスピーカーが金属的な癖音を出す物が多いなかで、とても自然な音色なのですが、贅沢をいえば「もうひと伸びあっても良いかなぁ~」と感じます。

今更ですが、このスピーカーは傑作の名に恥じない高い能力を有していると再認識しました。40年も前のスピーカーなのですが、マルチアンプ駆動で使うと現行のトップクラスのスピーカーに何ら劣るところはなく、音色の自然さではむしろ優位でさえあります。
この結果から このまま私のサブシステムに採用決定です。一番の問題はやはりサブにしては大きく重すぎる事でしょうか?
スポンサーサイト



Lo-D HS‐500のマルチアンプ駆動②

前の記事では何故マルチアンプ駆動なのかについて書きましたが
今回はHS-500に組んだ機器について具体的に紹介したいと思います。

まず、音の最上流となるものですが、
私は最近はデジタルの16/44は殆ど聴きません。かといってハイレゾやDSDはソフトもハードも持っていませんのでもっぱらレコードに限られます。
カートリッジは50本くらいもっていますので選択に困る事はありませんが、
ここでは普段着的によく使っているSONY社の空芯カートリッジ『XL-MC5』を自作ベースに取付けた物を使いました。
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/24940689.html
プレーヤーはもちろん私の作った『PL-31E改ピュアストレートアーム付き』になります。
イメージ 1
そこから写真右のフィデリックス社の超ローノイズ・フォノイコライザーの『LEGGIERO』に入り、次に同じフィデリックス社のプリアンプ『LZ-12』のAUXに入れます。
Pono、ラインの接続ケーブルはいずれもモガミ2803モールドです。
イメージ 2
このプリアンプはフィデリックスが作った最初のプリで、次に作られた『MCR-38』プリとはフォノイコライザーには構造的にも、音質的にも大きな差がありますが、非磁性のタンタル抵抗を使ったアッテネーターには価値があり、パッシブプリとしても使用できる様にフラットアンプをパスできるスイッチも付いていますので『LEGGIERO』と組合すことで、『MCR-38』プリに近い音にする事ができる為に手放さずに持っていました。

次にこのマルチアンプシステムの要であるチャンネルデバイダー『miniDSP2×4HD』に入ります。
イメージ 3
左右ch完全分離の為二台を右左別々に使います。電源は付属のACアダプターではスイッチング電源の悪さが明らかなので、フィデリックス社のACアダプター12V用を各1台づつ使います。前に使っていたサブスピーカーLo-Dの『HS-350』のクロスは4000Hzでしたが、今回の『HS-500』は3500Hzのクロス、スロープは12db/oct、ツィーターは-12db絞った設定としています。

そして最後はパワーアンプの『CERENATE』のVer.2です。音量調整は先の『LZ-12プリ』のアッテネーターでしますので、据付のディテントボリュームはタンタル抵抗2本と置き換えてあります。
通常ステレオ仕様のパワーアンプ2台使用だと左右供用として一台をウーハー用、もう一台をツィーター用で上下に分けますが、このパワーアンプも左右完全分離とする為に二台を夫々右左に分け、右端子赤色chをツィーター、左端子黒色chをウーハー用として使っています。
スピーカーと繋がる出力端子にはリモートセンシングが付いていますのでスピーカーケーブルの音質劣化の軽減に威力を発揮してくれます。
イメージ 4
スピーカーの『HS-500』には すでにマルチアンプ駆動用に端子が付いていてスイッチで切替て使える様になっているので後から端子を増設する必要はありません。
ただしツィーター側には保護用コンデンサが入れられていて、使われているのがバイポーラのケミコンなのです。これではマルチの良さが発揮できないので私はトラブル時の破損は覚悟で撤去し、パワーアンプをダイレクトに接続して使っています。しかし、他の方はツィーターの破損も怖いので直結ではなく良質のフィルムコンを入れる事をお勧めします。

音質については次回の記事③に掲載したいと思います。

Lo-D HS‐500のマルチアンプ駆動

以前Lo-DのHS-500スピーカーをヤフオクで手に入れた記事を書きました。
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/28702956.html
オリジナルのままでも予想していたよりとても良い音で、これからどの様に変化していくのかとても楽しみでした。

私はオーディオを始めた早くからアルテックのA5をマルチアンプでドライブしていて
複雑なネットワークがいかに音に悪いかは確りと認識していました。
特に3ウェイ以上になるとスコーカーにコイルとコンデンサが続けて直列に入ってくる為に音楽が死んだ様になってしまう事です。また、ウーハーに入るコイルもクロスする周波数が低くなるとターン数が多くなる為に音が重く鈍くなるのです。

この事についてアンプ製作のエキスパートであるフィデリックス社の中川さんに話を聞いてみると、パワーアンプはそもそもスピーカーユニットとの間にコンデンサーやコイルが入る事を考えられていないそうで、ネットワークが入る事で想定した性能が出せなくなってしまうのだそうです。

ダイヤトーンのP-610の様なフルレンジを聴いてみれば周波数レンジの狭いことや、大きな音を出した時の歪感は別として、歯切れの良い生き生きとした音楽の鳴り方を聴けばネットワークレスのメリットは十分に聴きとれる事と思います。
ただ、やはり長く聴いていると「ツィーターを付けたい」など周波数レンジを広げてみたくなる欲求が出てきます。
今回のHS-500の様にコイルやコンデンサを最小限に使った2ウェイでもなんとか我慢すれば聴けますが、普段からマルチアンプで聴いている者としてはやはり時間がたってくると大雑把な音に飽きてきます。

しかし、マルチアンプ化をするのにネックとなるのはチャンネルデバイダーで
今まではメインのA5に使っている『LX-8』の様な音の変化に極力配慮された良いアナログデバイダーが見つかりませんでした。
しかし、最近miniDSPと言うデジタルデバイダーを聴いてみて十分な能力なのが分かった為に、一気にサブスピーカーもマルチアンプ駆動にする事ができる様になったのです。

次の記事に続きます。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR