FC2ブログ

新なスピーカーを購入しました。

先週アルテックのA5メインシステムのチャンネルデバイダーLX-8の抵抗を交換して修理をしましたが、その後にノイズの出る気配はなく、長く悩まされてきたノイズの問題も解決できた様です。
メインシステムは絶好調で毎日楽しく音楽を聴いています。

そんななか、今日新なスピーカーが届きました。
『あらた』と言っても40年も前のスピーカーなのですが。
前の記事でLo-DのL-200ウーハーの記事を載せましたが、そのウーハーが搭載されているHS-500を手元に置いて聴いてみたくなって とうとう買ってしまいました。
イメージ 1
HS-500は皆さんが御存知の様にオーディオの歴史に残る傑作スピーカーです。
私も何度となく他の方の所で聴く機会があって、癖のない素直な音がする事は分かっていました。組み合わせるアンプなどの機器によって出てくる音は違いますので拙宅では はたしてどんな音で鳴るのか?
また、これを今のサブシステムのminiDSPデバイダーを使ったマルチアンプ環境で鳴らしてみたらどうなるのか?
興味は尽きない所です。

とりあえず、サブシステムの組合せのXL-MC5>PL-31E改>LEGGIERO>LZ-12のボリューム>monoCERENATE2台でオリジナルのまま鳴らしてみましたが、予想していたよりもずっと良い音です。HS-500を他所で聴いては「素直だけど少し大人しい(地味)かな?」と言う印象でしたが、実際に鳴らしてみると そんな事はなく、音楽を聴くのに全く不足が無い音がアッサリとでてしまい、特に音色が好いのには驚いてしまいました。正直、良い買い物をしたと思います。
この後ツィーターのディフューザーを取り去りましたが、音はスッキリとします。
イメージ 2

私はサブスピーカーシステムに同じLo-DのHS-350をネットワークを全て作り直してを使用してきました。(今はマルチアンプシステムです。)
イメージ 3
これが、その自作ネットワークですが、かなり手間をかけ部品は厳選して作ってありますが、HS-500はオリジナルのネットワークのままでも上等な音がでてしまうのです。
 比較にメインのA5システムと比べて極めて厳しく聴いてみると低域がドコドコしてたり、音のエッジが丸かったり、空間に霞がかかっていて奥行が浅く平面的だったり、高弦の強奏するところで叫ぶ様なところが僅かに見られますが、オリジナルのままで これだけの音が出れば、これからのマルチアンプ化などでの改善は大いに期待ができます。

楽しみなスピーカーがやって来ました。
スポンサーサイト



LX-8チャンネルデバイダーの修理

今はオーディオの部品などはネット通販を使えば手軽に手に入りますので秋葉原に来る事も少なくなりました。最近、仕事で船橋市に用があり、そこから京葉道で足を延ばせば秋葉原までは すぐですので仕事帰りに久しぶりに寄ってきました。

目的はここ1~2年不調のメインシステムの要、LX-8チャンネルデバイダーの部品調達です。
音楽を聴いていると「チリチリ、パチパチ」とフライパンでゴマを煎る様な音が不定期に出るようになってきました。40年も使っていれば故障もしかたがないのですが、ノイズが不定期に出るのは一番厄介な症状です。フィデリックス社に修理に出しても原因を特定するのは困難で、それ以上に問題なのはマルチを再生する環境はフィデリックス社には無いので、暫く鳴らして状態を見るという事が出来ないのです。中川さんからは「部品を送るから自分で取り替えて様子を見て」と言われました。

低、中、高域全てからノイズが出ていますので電源からのノイズだと推測が出来ますのでパワートランジスターやレギュレーターのトランジスター、半固定ボリュームなどその度に送ってもらっては入替て様子を見ていると、暫くはノイズが出ないので「治った!」と喜んでいると、また暫くするとノイズが出てきて「ガックリ」くる繰返しが長く続いていました。マルチアンプでのデバイダーからのノイズはパワーに直接入ってしまうのでツィーターの破損につながりますのでノイズがでてくると不安で音楽を聴くどころではありません。

そして、もう殆どの電源部の部品は交換してしまい、残るは抵抗のみになってしまいました。部品点数も多い抵抗を替えるのは大変なので、できればやりたくないのですが覚悟を決めて船橋行の前日に電源部に使用されている全ての抵抗の数値を紙に書き取りました。
フィデリックス社の指定抵抗は非磁性のタンタル抵抗ですが、すでに製造が中止されています。秋葉の海神無線には店頭在庫のみとなっていて、通販のリストにも載っていないのです。代替品としてはタクマンの抵抗がありますが音質的にできる限りタンタル抵抗にしたかったので直接店まで行く事にしたのです。
イメージ 1
書き出した抵抗の数値と本数の紙を海神無線の御姉さんに渡すと丁寧に対応して頂き、写真の抵抗を購入して帰りました。ついでにコテ先クリーナーも買ってきました。
左の紫色がタンタル抵抗で無い物は右の薄緑色のタクマン抵抗で選んで頂ました。思ったよりも多くが目的のタンタル抵抗で揃いました。

さて肝心のデバイダーの修理ですが、抵抗値を書き出す時に色が変わっている抵抗がありましたので、「多分この抵抗なんだろうな」とは予測出来たのですが、もし違うとまた秋葉まで来ている暇はありませんので、書き出した9種全ての抵抗を購入しました。
そして一番最初に色の変わっていた抵抗を入替ました。
イメージ 2
取り外した130Ωの抵抗は焦げた色で正常な上の色とはだいぶ違います。
イメージ 3
元々は表面に取付けられている抵抗ですが、込み合っていますので裏面に取付けました。(左右に見える⊕と⊖電源の130Ωの抵抗)
音は安定している様なのでこの2本で当りの様です。モノラルデバイダーなのでもう一方のチャンネル用も交換する予定でいます。

これで終わりにして気兼ねなく音楽が聴きたいですね。

Lo-D L-200ウーハー

今年の春は寒い日が続き、昨日はいきなり夏日で春は何処に行ってしまったのでしょうか?

先日ヤフオクを見ているとローディの傑作スピーカーのHS-500に使われているL-200ウーハーが出品されていました。
イメージ 1
写真で見るかぎり、かなり程度が良い様ですので即決で落札しましたが、
冷静になって考えると、これを落札しても使う予定はないので全くの衝動買いになってしまっています。

HS-500スピーカーの為に作られたL-200ウーハーのエッジはギザギザの折り紙を折った様なギャザード・エッジになっています。
私も動作は現物を見るまではよくわからなかったのですが、私がサブシステムで使用している下位のHS-350のL-203ウーハーもギャザード・エッジになっていて、この振動板を手で前後に動かしてみると巧妙な仕組みが理解でき、これを設計した技術者の天才的な発想には舌を巻いたものでした。
振動板は後に引っ込んだ時はエッジの谷の底は外側に逃げ、振動板が手前に出た時はエッジの谷の底は内側に入り振動板のストロークの邪魔を全くしない梃の様な動きをしているです。またエッジの大事な役目の振動板のセンター保持の役目も同時に完璧に行っていて、通常のロールエッジやフリーエッジのウーハーのセンター保持の動作が曖昧な事が分かってしまうほどの素晴らしさに感激したものでした。
ボイスコイル径を大きくして振動板との接続部を外側に取り分割振動による歪を小さくする工夫もされていて、この為20㎝ウーハーとしては異形の巨大センタードームがついています。ただしピストンモーションを正確にして分割振動を無くした事から純粋な低歪のウーハーとしての動作となり、歪が増えるのを承知で分割振動を利用してレンジを広げ高域との繋がりを狙った下位のL-203ウーハーとは違い、HS-500に組み合わされたH-70HDツィーターとの繋がりは今一つとなってしまいました。
構造もダイキャスト製の確りとした構造で作りも良く、現在に同等のウーハーを作るとしたなら かなりの高額になってしまうのではないでしょうか。

この様な理由からL-200ウーハーには憧れがあった事で入手に至ったのかもしれません。

ナタリー・コールのアナログ盤

イメージ 1

かなり前に友人の『雪まるださん』からナタリー・コールの『アンフォゲッタブル(忘れられない人)』という題名のCDを紹介して頂き、気に入って聴いていましたが、これをどうしてもアナログ盤で聴いてみたくて 少々高かったのですがオリジナル盤を手に入れました。
演奏はリンダロンシュタットのジャズボーカル3枚組の演奏をしたネルソン・リドルが担当し、亡くなった父ナット・キング・コールが歌ったものにナタリー嬢が重ねて録音したそうで、グラミー賞受賞曲だそうです。どうりで素晴らしいはずです!

届いた盤を見るとコンディションはミントに近く、これに針を落とすとデジタルの音とはあまりに差がありすぎました。デジタルでも良いと思って聴いていましたが、オリジナル盤では感情表現が何段も上で、実在感やピアノの粒立ちも全く違います。
レコードには本当に凄い音が刻まれています。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR