FC2ブログ

セレナーテVer2.0の音

イメージ 1

セレナーテがバージョンUpから帰ってきてから これを使って暫くサブシステムで音楽を聴いています。
元々音質に不満があった分けでも無かったので、今回のバージョンUpで激変とはなりませんでしたが、今回の変化を一言でいえば『自然になった』という事でしょうか。

全体に空間も音も静かになり音楽が落着いた感じです。
落ち着いたと言ってもピアノの粒立ちはより鮮明になった感じで、ボーカルなどもリアル感が増して生々しくなっています。

以前、フィデリックス社のA級アンプのLB-4と比較した時にはセレナーテは少々鮮やかさが前に出た感じはあり、やはり自然さではLB-4だと思っていましたが、今回のVer.Upで差が無くなった様です。高域の落着きが出た分、相対的に音の厚みも増して重心が下がった結果だとおもいます。

暫くレコードを聴いていましたが私自身が音を気にせずに音楽に集中する事ができて楽しく聴いてしまっている事からも、今回のバージョンUpをした結果は明らかですので
セレナーテを所有している方には是非お勧め致します。
スポンサーサイト



CERENATE セレナーテ Ver.2

今年は彼岸だというのに何時もの年より暖かくなく、とくに朝夕は真冬なみです。
今日は日中は暖かでしたが夕方はどうでしょうか?

最近はマルチアンプ化したサブシステムで音楽を聴いている事が多く、夏でもないのに こんなに長い期間メインシステム以外を聴いた事は今までありませんでした。
もちろんメインのシステムのトータルの音に比べれば、ギターのピッキング感やピアノのキレの生々しさ、周波数レンジなどは劣るのですが、音楽を聴く為には十分の物を持っている事が『長い期間聴いていても飽きない』という事からも分かります。
そのサブシステムに使用しているのがフィデリックス社のパワー『セレナーテ』です。
音は自然で癖が少なく、鮮明で透明度が高く大型のアンプにも劣らないシッカリとした力強い低域なのですが、この音質を小型、省エネで実現しているところが外のパワーアンプには無い高い価値と魅力となっていると思っています。

最近よく当ブログを見に来て頂いている『夢のオーディオ装置を求め』さんのブログに『セレナーテ』について気になる事が書かれていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/eh3511/35614246.html
この事をフィデリックス社の中川さんに聞いてみると
かなり前に私に話してくれたセレナーテの小変更の事でした。
忙しいのでバージョンUpの依頼が増えるのを恐れて あまり公にはしていない様ですが、電源トランスと電源のドライブ基盤を交換したそうです。この結果セレニティ電源のノイズレベルが8dBも下がったそうです。
元々セレニティ電源は外のスイッチング電源に比較して-30dBと圧倒的にノイズレベルが低いのが特徴ですが、さらに低くなった事で高域はより落着きが出た為にバランス的にもっと低域に重心が移動したとの事です。

これを聞いたからにはバージョンUpをしないわけにはいかないでしょう。
早速持っている『セレナーテ』の2台をフィデリックス社に送りましたが
今日それが帰ってきました。

さて、音はどの様に変わっているのでしょうか?

試聴結果は次記事に

モガミ7553プラグまとめ買い

3月に入っても寒い日が続きましたが今日はやっと日中は暖かになりました。

先日モガミのRCAプラグ7553が非磁性だと分かりましたので早速追加注文をして
赤、白の各10個が届きました。
イメージ 1
中華製の安価なプラグよりは高いのですが、内容からして十分納得の価格です。
非磁性で これの十倍のプライスのプラグもある様ですが、多数使用する部品にその様な高額なプラグがあっても存在しないも同然です。
手前は2803用に前回のエボナイトから防食アルミで作ったスペーサーに替えて取付けたものです。
音的には関係はないのですが金属の方が高級感はありますか?

やっと見つけた非磁性のピンプラグ

私のシステムで使うRCAケーブルはモガミの2803モールドです。
http://www.mogami-wire.co.jp/company/products/2803.html
このケーブルはフィデリックス社の中川さんが原音比較法を使って選んだケーブルですのでフィデリックス社の指定ケーブルと言っても良いと思います。

使用されているプラグは非磁性のクラッドレスの金メッキで、材質も燐青銅を使用していて音質的にも配慮されています。磁性材が信号経路に直列に入ると派手な明るい色や硬質感が付いてしまいますので できる限り避けたいのです。
しかし、2803は線材が硬く極細線を使用している為に接続部に負担がかかりモールド線でも断線してしまう事がよくあるのが欠点です。
内部で断線してしまうとモールドなので修理不能でプラグ部を切落として他のプラグに替えなければなりません。
以前はモガミから非磁性でやはり燐青銅製のプラグが販売されていたのですが現在は製造されていません。http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/18245332.html

ネオジムの磁石を持って色々なプラグにあててみて捜していましたが、殆どが磁石に吸付くニッケルクラッドの金メッキで非磁性の物は見付ける事が出来ませんでした。
しかし、最近同じモガミで販売されている『7553プラグ』が非磁性である事が分かりました。2803は外径が3.9mmと細く、今回の『7553プラグ』は8mmと太いケーブル用に作られていて通常にハンダ付けしてカシメてもケーブルが固定できず動いているうちに再び断線する事になります。
そこでこのプラグに2803の3.9mmに合うスペーサーを作ってみました。
イメージ 1
オレンジ色の円錐状で材質はエボナイトです。
これを写真の様に7553のカバーの内側に接着して、もしも後に再び断線しても修理がきく様に2803ケーブルを入れて横からステンのイモネジで止める様にしてみました。
全く動く事がなく完全に固定ができ、これで断線の確率が格段に減ると思います。

非磁性のプラグが見つからず長い事2803モールドの断線の修理に悩んでいましたが、これで2803ケーブルの思った様な修理が出きる様になり安心して使う事ができます。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR