FC2ブログ

DENON DL-1000Aの修理

10月29日試聴記事追記しました。

暖かい日から一転冷たい雨が降り始めました。気温も急降下しています。

オークションでジャンク品のDENON DL-1000Aを落札し、それが本日到着しました。
イメージ 1
DL-1000はビクターのMC-L1000と双璧をなすMCカートリッジの名機です。
空芯コイル、軽針圧、ハイコンプライアンス、金属ボディとハイフォニック社の一連のカートリッジを作った『城井』さんの設計だと思いますので音質傾向も同じです。

私も音はすでに聴いていて分かっていましたので「一つは持っていても良いかな~」と思っていましたが、なにせ人気カートリッジなので完動品のオクでの落札相場はかなり高く、同クラスの音質の物も多数持っていますので見送っていました。
今回の物はボロンパイプカンチレバー先端のチップ部分からの折損ですがカンチレバーは幸いにも残っていますのでチップを接着すれば わりと簡単に修理できそうです。導通も調べてみましたが問題はないようです。
イメージ 2
慣れてきたので だいたい1時間程度の作業時間でチップを着け終わりました。接着剤が固まる明日まで待ってから試聴してみます。

10月29日追記しました。
イメージ 3
本日PL-31E改のピュアストレートアームに取付けて聴いてみました。
針圧は0.8gが指定の様ですが1gくらいかけた方が音が安定します。
まず、澄んでとても良く伸びた高域に耳が行きます。いかにも空芯カートリッジの高域だと思いました。音像の実在感も素晴らしく、低域は力強く引き締まっていて、全体域にわたって歪感はなくエネルギーバランスもフラットで強調された様な不自然な感じがありません。
オリジナル品の時に感じた時の音と今回のリビルト品の音とは大した差はありませんね。私には滅茶苦茶お買い得品でした。

やはりDL-1000Aは最上級カートリッジの一つである事は間違いなさそうです。
私の常用機の一つに加えたいとおもいます。素晴らしいカートリッジです!
スポンサーサイト



ピュアストレートのトラッキングエラーについて

前の記事の『聴いて なんぼ』の追加記事として書きましたが
新規記事として載せる事にしました。

ピュアストレートアームのトラッキングエラーについて音質劣化への心配をされている方がいる様ですが、すでに製品の販売がはじまっているフィデリックス社に届いている多くの報告にも、レコードの内外周でのトラッキングエラーによる歪などの音質劣化の報告は一切ないそうです。
私のアームを使っている『気まぐれさん』からも、「全く問題は無い。カートリッジが今までのアームと比べ音溝に対して曲がって見えるのに不思議」と報告を受けています。これがトラッキングエラーの有無を実際に人が聴いて比較検証した結果なのです。

もちろん私もトラッキングエラー歪は通常の音楽を聴く限り判りませんし、私より何倍も耳の良いfidelix社の中川さんも「問題は無い」と判断を下したわけですから、江川三郎さんの過去の実験結果のとおり、『10°程度のトラッキングエラーでは人が聴いても全く判別する事はできない』という事です。

聴いて なんぼ

あたりまえですがオーディオは、音楽を聴いて楽しむ道具です。

この世にオーディオ機器やその関連商品は星の数ほど沢山ありますが、技術的に裏付けられて作られた真面目な物から 何の根拠もない怪しい物まであります。

メーカーは販売する為に「この製品はこの様な画期的な技術や、この様な理屈や、他の物より特性が良いから音が良い」などと売り口上は言ってはいますが、はたして音は聴いて作っているのでしょうか?

私の場合はまず聴いて、その音が良ければ『何故良い音なのか?』の理屈を後で考える事にしています。
その様にすれば、たとえその理屈が間違っていたとしても『良い音』の結果はそのまま現実として残り、間違うことはありません。理屈など後付けでよいのです。特性も良い事に越した事はないのですが、まずは『人が聴いてどの様に聴こえるか?』です。

しかし、私の好きな『アナログプレーヤーのメカニズム』に限ってみても存在する製品は理屈先行の物が多い事にはガッカリします。

物量投入された巨大なターンテーブルのプレーヤーや、特性の良いDDプレーヤーが何故見た目は普通のリンソンデックのLP-12に音では勝てないのか?その事実はそこに存在し、その理由は後付けで考えてみる事です。
また、「スピンドルシャフトは太い方がターンテーブルが確りするから音が良いはずだ!」という尤もらしく当り前の様に言われてきた理屈ですが、でも、実際聴いてみると細いスピンドルシャフトの方が音は圧倒的に良いという私の実験結果の事実があるのです。まるで正反対の結果ですよね。
今回のピュアストレートアームにしても「アームはレコードの内外周でのトラッキングエラーと歪みを最小にできるオフセットのついたアームであるべきだ!」という既成概念を覆すほど内外周での歪みは感じられず、音が良いのは何故なんでしょう?

まずは『聴いて なんぼ』『何故音が良いのか?』の理屈は先行ではなく後付けで十分です。

アナログとデジタルどちらが音が良い

寒かったり、暑かったりと気温が安定しないで体がついていけませんね。

デジタルかアナログか
マイペースさんのところで、この題材をブログに上げて皆さん議論が白熱していました。
デジタルと言っても16/44からハイレゾPCM、DSDまで色々とありますし、一括りにするのはムリがありますので、ここでの話はCDフォーマットの16/44をデジタルとしたいと思います。
ご存知の様に私はもともとデジタルは苦手で仕方なく聴いていましたが
最近はSDカードトラポをコンデンサ電源で駆動したり、性能の良くなったDACを使ってみて、それまで使っていたLP-12やARの改造品のアナログの音に追いついてきたので、「使い勝手が良いからデジタルでも良いか。」と思いはじめていたのです。
この時点なら『デジタルもアナログも好みの問題』と言われている方の意見も受入られたかも知れません。
そんなやさきに気兼ねなく改造が出来るジャンクのベルトドライブプレーヤーが手に入り状況は一変するのです。

その経過は書庫の『レコードプレーヤーPL31E改』に書いてある通りですが、
それまで「かなり良い」と思って使っていたLinnのLP-12もARのプレーヤーも過去に置き去りにして、デジタルも以前と同じ様に殆ど聴かなくなってしまうほどの差がついてしまいました。
なので一般の方が思われているアナログらしい音と私の聴いているアナログの音とでは かなりの隔たりがあるのではと思っています。
その様な理由でアナログも一括りには出来ないほどの差があり過ぎるので『デジタルかアナログか』という大まかな問いにも人夫々で答えは出ないのだろうと思います。

私のアナログの音に限って言わせてもらえば、アナログレコードは圧倒的に音楽が静かだという事です。デジタルの一番気になるところは音のジリジリ感があり音楽が騒がしい事で、これは小さな音の時はそれほど感じないのですが、音が一斉に鳴るフォルテの時に圧倒的な差として感じるのです。同じ曲の同じところではフォルテにもかかわらずアナログは静かにさえ感じますから。
人の声やバイオリンの音の肌理の細かい滑らかさや優しさにも差があり、感情表現もアナログは波の様にしなやかな曲線で出てきますが、デジタルは硬質感があり、直線的で素っ気なく、優しくなければならない所も強い表現になってしまっています。
空間の出来方もアナログと比べてデジタルは奥行が浅く平面的で大画面テレビを見るかの様に感じてしまいます。

ですので、私の答えはアナログですが、これは16/44に限っての話で
私の師である 中川 伸さんの話では「コルグ1000番をSSDに載せ換えてバッテリーでドライブしたDSDレコーダーで録音した音はナグラの38/2トラより音が良い」との事です。(コルグの2000番はスイッチング電源なので音は悪いそうです。)
これは以前より一貫して話している事なので間違いはなさそうですので、
私もDSDデジタルには期待をしたいと思っています。

ピュアストレートアームの話2

ピュアストレートアームの音の良さの秘密のうち、アームのオフセットがない事で
カートリッジのカンチレバーがスタイラスとアーム支点を結ぶ直線上に並ぶ事により、レコードの音溝の抵抗の変化の影響でカンチレバー側の支点が振られない事がトラッキングエラーが増える事よりも音質的に重要だという事が分かってきました。しかし、過去にもピュアストレートアームが何点か存在しましたが、なぜかあまり流行らず自然消滅しています。この原因の一つにはアーム側の支点の明確化が完全ではなかったのではと推測します。

通常のアームは左右動作をつかさどる垂直軸と上下動作をつかさどる水平軸の組合せからなっています。これらの軸には各2個づつのボールベアリングが使われていますが、動作上ボールが転がる為には僅かな隙間が無ければ完全に動かなくなってしまうために人の手には感じませんが僅かなガタつきは必ずあるのです。
この為ボールベアリングを使ったアームはピュアストレートアーム化しても厳密な支点の明確化ができずに、それほど鮮明な音にはならなかったのではないかと推測できます。
なので通常のストレートアームにカートリッジを真直ぐに取付けての実験でも支点が明確化されていない状態では正しい評価は得られないかもしれません。

今回発売されたフィデリックス社のアームと私の自作したアームはワンポイントアームであり、上下、左右の動作の高感度化と全く遊びの無い支点の明確化を実現していますし、捻る力に対しても軸下部にアーム基部の下側を軽く接触させる事によって
「これ以外には考えられない」と言えるほどの完璧なベアリングレスの軸受を形成しています。
イメージ 1
私の自作ピュアストレートアームの軸受を分解した写真です。上からM4芋ネジ軸受け、軸受止ナット、アーム本体、アーム軸と抜け止、下部軸受ステンレス板、アームベースとなっていて極めてシンプルな部品構成になっている事が分かるとおもいます。

追記
11月3日にミュージックバードでラックスのプレーヤーを使ってフィデリックス社の
0 SideForceアームの比較試聴を放送するそうです。司会は鈴木 裕さんです。

MJ誌に0 SideForceアームの記事が載りました。

無線と実験誌11月号にフィデリックス社の新型ピュアストレートアームの0 SideForce(ゼロ・サイドフォース) の記事が載りました。
http://www.fidelix.jp/products/0%20SideForce/index.html
記事を書かれた柴崎さんも「想定外の迫真音場、聴き慣れたレコードに こんなに多くの情報が詰め込まれていたのかと驚いた。私にとっては大きなカルチャーショックだ。」と評し、自分のプレーヤーで愛用していたFR-64Sから0サイドフォースに乗り換えたそうです。

すでに同構造のピュアストレートアームを使っている私からみれば、「この評価は掛け値なしで、当然でしょう。」と言いたいですね。

ピュアストレートアーム製作中

イメージ 1
昨日は夏に逆戻りの様な暑さでしたが今日は一気に秋に戻りました。
ブログ更新が滞ってしまっています。毎日チェックをして頂いている皆様には申しわけありません。

ここしばらくは以前にPL-25Eを改造してお渡しした方達から専用のピュアストレートアームへの載せ替えの依頼が来ていて、仕事の合間に作っているので、全く時間がない状態が続いていました。
アームの部品はほぼ作り終わって揃いましたので内部配線と組立を始めています。
イメージ 2
今回のアーム用に購入した内部配線材です。
イメージ 3
シェル取付け側のアームコネクター部は下側の固定ネジだけではガタが出る事があるので、他にステンレスパイプの90°横から極細ネジをいれて完全固定としてみました。
イメージ 4
今日はここまでできました。完成までもう少しです。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR