FC2ブログ

高音質モーターの内部構造を見てみました。

台風被害がまだ治まらない状況でまた台風10号襲来かと心配しましたが
それて房総沖を通過し再びの被害はまぬかれました。しかし、東北、北海道は大変な事になってしまいました。

私のオーディオの現状はアナログプレーヤーは納得の音まで到達してしまい、レコードから再生される素晴らしい音楽に聴き入るばかりで、やる事が今のところありません。
何をするか考えていると、以前にモーターのプーリーを外す器具を作って外したままでスッカリ忘れていたモーターの事を思い出しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/27213638.html

ターンテーブルのスピンドルシャフトを極低抵抗にする事で音楽が飛躍的に生き生きとした表情になる事が分った以上、モーターのスピンドルにも改善の余地があるのではと思って中を開けてみました。

私はモーターは小型の物に限ると思っていましたが、このモーターは見た目はとてもチャチで小さなDCモーターなのですが聴くと信じられないほど素晴らしい音質なのには吃驚します。
モーター底部の蓋を開けてみるとスピード調整用基板とボリュームがあります。
さらにその基盤を取ると基盤の裏に2極のブラシがつていて、リング状マグネットとローターは三極のおもちゃのマブチモーターの様な構造です。
イメージ 1
さて、ここでローターを抜こうとしましたが磁力で引かれて抜けません。
分解する前は構造をみてからローターのマグネフロート化が出来ないかと考えましたが、ローターが極軽量なので、リングマグネットに引かれてすでにマグネフロートになっているのではないかと思いました。スラスト軸受はブラシと基盤の絶縁も兼ねた写真左側の白い樹脂製です。「うーん。もしかして最初からマグネフロートになっているとしたら凄い構造だ」と思いました。ローターの軸径は2mmと極細でこれも高音質に寄与しているのです。しかし、既製のプレーヤーと同じく「滑り軸受」なので此処にボールベアリングを使用したらもっと抵抗は小さくなるはずです。

むかーし息子と一緒にミニ四駆をやった時に使った内径2mmの極少ボールベアリングが手元にありローターの主軸に嵌めてみたらピッタリではありませんか。
イメージ 2
試してみる価値は十分です。
スポンサーサイト



JacinthaのレコードHERE'S TO BEN

今回の関東直撃の台風の被害で2日半停電が続いて今朝やっと回復しました。
東日本大震災の時でも停電は1日でしたので今回は最悪でした。
その間は井戸なので水は出ない、ネットはやれない、レコードは聴けないで如何に電気に頼っての生活か思い知らされました。

その停電の間に届いたレコードがあります。
イメージ 1
ジャシンタの「HERE'S TO BEN」です。
ジャシンタ嬢は歌も上手く録音も良い事から。このアルバムは16bit/44のデジタルではボーカル物の比較試聴曲としてお気に入りでよく使用していますが、ネットでレコード盤が販売されていると知りましたので早速注文を入れてみました。
今はちょっとしたアナログブームの様で結構聴きたいものがレコードで発売されていますので、今の所はアナログしか聴かない私には良い時代だと思います。

さて到着した盤を見てみると45rpmと書いてあります。
33回転かと思っていましたので驚きました。重量盤の2枚組です。
私の所有LPは全部33回転なので33回転でよかったのですが、まあ音がもっと良ければ結果良しです。
このアルバムは普段聴くデジタルでも相当に高音質なのですが、45rpmなので歯切れの良い凄い音がしそうに思いますが、さらに静かで自然、上質の肌理細やかな優しい音です。まさにジャシンタ嬢が眼前に存在して歌ってくれているかの様です。


私の今まで追い求めてきたものは何時でもリンダ・ロンシュタットやダイアナ・パントンやテイラー・スウィフトがそこに存在して聴きたい曲を歌ってくれる様に錯覚させてくれるほどのリアリティです。今のアナログの音は私にはもう十分すぎるほどの完成度の音になっていると思っています。

ピュアストレートアームの話

梅雨が明け、毎日酷暑の日が続いて夏本番に突入です。

今回私のプレーヤーに採用したピュアストレートアームですが
非常に鮮明で曖昧さのない音は、レコードから今までに聴けない音を再生してくれていて、暫く色々なレコードを聴いた結果でも「このアーム以外にはありえないな!」と確信がもてるまでになっています。

ピュアストレートアームの発想となる切っ掛けは、江川三郎さんが 昔ターンテーブルのイナーシャを増やすと音が良くなる実験をしていた時に
プラッターの直径をどんどん大きくすると当然アームの長さがロングアームでも足りなくなってしまい、ロングストレートアームに直線的にカートリッジを取付ければアンダーハングで使用出来る為に、アームの長さが稼げると思いついた事からでした。
トラッキングエラーは大きくはなりますが、ロングアームだから影響は少ないだろうと判断したそうです。しかし、音を聴いた結果はトラッキングエラーの悪影響どころか大きく音質が向上してしまったのです。
 この事について江川さんが著名なアーム設計者数人に「あなたはトラッキングエラーの音を聴いた事がありますか?」と問うたところ全ての人が「設計上からは歪率は出てくるが、音としては聴いた事が無い」という答えだったそうです。
この後、リニアトラッキングアームにわざとカートリッジをオフセットで取付けたりして比較実験を繰り返しましたが、やはりトラッキング歪は通常のレコードを聴いている限りでは人間には分らないとの実験結果を得たようです。

私も昔サエクの506/30の頭を切落としてピュアストレートアームにした事がありました。その時も「曖昧さのない鮮明な音になった」と感じられましたが、それから数十年の時を経て、本格的なピュアストレートアームを自作してしまうとは想像もしていませんでした。
作ったピュアストレートアームを取付けて観察しましたが、通常のオフセットアームではカートリッジがレコードに引かれる延長線上にはアームの支点が無い事がわかり、ピュアストレートアームが力学的にも正しい事が分ります。
また、アームの軸受に再生音が曖昧になるベアリングを使用しないで支点を完全なものにした事で、より一層ピュアストレートアームの長所を引出す事が出来たのだと思います。

近々にフィデリックス社からも、これと同じ構造のピュアストレートアームが発売されますので楽しみにしていてください。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR