FC2ブログ

YAMAHA MC2000の修理

数日前にヤフオクでカンチレバーの折れたヤマハのMC2000を落札しました。

イメージ 1
MC2000はヤマハのカートリッジの中で最高峰のカートリッジで完動品はヤフオクの中古市場でも高額ですので なかなか手がでません。ボディは金属ではなくポリカーボネイトだったと思いますが、コイルは空芯なので私が興味を持つ最低条件はクリアーしていますので どんな音なのか治して聴いてみたいと思いました。
それが本日到着しましたので早速チェックしてみましたが導通はある様ですのでカンチレバーを取付けられればなんとかなりそうです。
カンチレバーを取付ける方法としては折れたパイプカンチレバーの穴に新たな物を挿して次ぐ方法と元々のカンチレバー径より太いパイプの物を被せる二通りのやり方があります。
この手の高級機は振動系質量を軽くしようとしてカンチレバーの径を極端に細くしたものが常です。ですのでカンチレバーを挿す穴の内径が小さくこの方法は難しいので後者の方法を採る事にします。(計測では内径は0.25mm程度です。)
折れたカンチレバーの外径は0.35mm程度ですのでこれより大きい穴のカンチレバーを被せてしまえば簡単に治りますが、ヤマハのフラッグシップモデルですのでそれでは面白くありません。
丁度ベリリウムの無垢のカンチレバー(外径0.4mm)が手元にありましたのでこれを使う事にしました。
そのままでは継ぐことはできませんのでスリーブを介して継ぐことになります。
さて、そのスリーブですが内径0.4㎜のパイプですので作るのは簡単ではありません。
使う材料は超々ジュラルミンのA7075を使用しました。
イメージ 2
旋盤を使って削り出したパイプです。予め0.4mmのドリルで穴を開けた後に外径を慎重に削っていきます。出来上がった外径は0.5mmですので0.05mmの肉厚までにできました。(考えてみたら ここまでの細さにパイプが加工できればジュラルミン製カンチレバーが自分で作れますね。)
これをカッターナイフで切り落としてカートリッジ内に残ったカンチレバーの元に被せて接着しベリリウムカンチレバーを挿せば出来上がりです。
イメージ 3
さて、音は正常に出ましたので これから試聴です。
スポンサーサイト



プラッターを重くしてはいけない理由2

前の記事でアナログプレーヤーのプラッターを重くするとイナーシャーは増えますが軸受の摩擦によるノイズと歪が増える事を書きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/27248045.html
イナーシャーはそのままで軸受にかかる負担を少なくする方法としては、プラッターを何らかの方法で浮かせる事が考えられます。

その代表例は空気でプラッターを浮かせるエアーフロート式ですが、昔にマイクロ社のSX-8000を使った経験から問題も多くある事がすでに分かっています。
そしてもう一つの方法が磁気の反発を使ってプラッターを浮かせる方法です。以前の記事でフィデリックス社の中川さんに教えてもらったのがこの方法です。
フィデリックス社でもアナログプレーヤーを発売する事が決まっていましたので、この事についてはこのブログに書く事ができませんでしたが、すでに雑誌の記事に次期発売のプレーヤーがマグネフロートである事が書かれていますので此処に載せます。

昔マイクロ社の♯8000を使用している時にどうも音楽を聴いていて無表情で楽しくない。その事について中川さんに話しをしたところ『エアーフロート方式は空気でターンテーブルがダンプされている為に音楽も抑圧されてしまっているのが理由で、もしも理想的なターンテーブルを作ろうとするならば、方法はマグネフロート方式であろう』と何十年も前から話していた事を思い出しました。
そして、この方法を先日PL-25E改に実行してみたところ、より滑らかになり優しい音に大きく変化したのです。

そしてこの記事に繋がります。
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/27173237.html

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR