FC2ブログ

ダンパーの劣化したハイフォニックカートリッジの使い方

今日は朝起きると予想外の雨でした。気温は上がらず冷たい雨で秋から冬へと向かっているのが体に感じられる日になりました。

私は普段からカートリッジは空芯型のMCカートリッジしか聴きませんが磁性のコア入りカートリッジでも良く聴こえる時があり、最初は「なかなか好いじゃないか」と思って聴いていても暫くすると飽きてしまい空芯カートリッジに戻している様な状態です。

そんな中で新な空芯カートリッジで良い物がありました。
ハイフォニックのMC-A3です。
このカートリッジを作った技師はデンオンに居たそうですが、そこから出てハイフォニック社を興し自分の理想と思うカートリッジを作ったのです。

まず空芯型で針圧は1グラム前後とハイコンプライアンス、全金属製ボディと拘った作りとなっています。音も肌理が細かく滑らかで自然でとても良い音だと思います。
しかし、針圧が1グラムとコンプライアンスが高い為にダンパーが柔らかく長い年月にダンパーが弱ってレコードにボディの底面が接触してしまうトラブルが頻繁に起こるようです。
私が最近手に入れたMC-A3も例外ではなく針の沈み込みが大きく演奏時のレコードとカートリッジのボディとのクリアランスは0.1mmくらいしかありません。
しかも針が沈み込んで寝ている為にトレースが極度に不安定になっていて安心して聴いていられる状態ではありません。

暫く思案してカートリッジを観察していてある事を思い付きました。
イメージ 1
カンチレバーが寝ている状態なのだから角度を起こした状態にもどせば良いので、カートリッジ本体にお辞儀させて角度を付ける為に矢印の様に0.7mm程度の銅線をカートリッジの頭とシェルの間に挟みました。
銅線のスペーサーとカートリッジの取付けネジ2本とで三点で止まる事になりますので面で接触しているより、より安定した状態になりますし、お辞儀をした事でボディとレコードのクリアランスも大きくとれます。実際に使ってみましたがトレースの安定性も音質も格段に良くなり安心して音楽が聴ける様になりました。劣化したダンパーのハイフォニックカートリッジを持っていてお困りなら、呆気ないほど簡単に改善ができますので是非お試しあれ!
スポンサーサイト



SPUゴールドの修理とアダプターの製作

急遽カートリッジの修理が入りましたので記事を差し替えました。

先日佐倉市のA氏のオルトフォンのMC2000Mk2を修理して返して とても喜んでくれましたが、「これも修理できるかな~?」と今度はオルトフォンのSPUのゴールドを持ってきました。
見てみるとカンチレバーはありますが、やはりチップがありません。前回のMC2000Mk2と同様に「これなら治るでしょう」と言って預かりましたが、
調べてみると右chに導通がありません。もしコイルが切れていたら修理不能ですのでこの事をA氏に告げて「ダメ元でカバーを開けますよ」と伝えました。
開けてみると幸いにもコイルリードが端子のハンダ接続部分で断線していました。
これならもう慣れた作業ですので簡単に接続が終わりました。

ところが、カンチレバーをいじってみると縦に竹が裂けるように割れてしまいます。
なのでこのカンチレバーは諦めて取り払い、別のチップ付きのカンチレバーを挿して治しました。修理は終わったので試聴テストをしたいのですが、このカートリッジは本来はGシェルという専用のシェルに付いていてマグネットが背中に出張っていて平ではありませんので通常のシェルには取付ける事ができません。

市販のアダプターが販売されていますが、このカートリッジには紫檀のブロックで出来た自作スペーサーが付いていました。
イメージ 1
良く見ると形が拉げています。これは使うのは躊躇われるので新にSPU用のアダプターを作る事にしました。
市販の物と同じではつまらないのでカートリッジの背中に出っ張っているマグネットを固定して支持する様なものを考えてみました。
イメージ 2
材質は超々アルミ合金で、後ろ側のキャップスクリューを締め込み万力の様にマグネットを挟んで固定するのです。
イメージ 3
アダプターを取り付けた状態です。あとはシェルに取付けるだけです。
イメージ 4
厚く引き締った低域とSPUらしからぬ鮮明な高域がでました。無事に返す事が出来そうです。

やっぱりA5で聴くロックは最高です。

最近はもっぱらクラシックの中古レコード購入が殆どでオーディオ機器もCDも買っていませんが最近珍しく買ったCDです。
イメージ 1
テイラー・スウィフトのスピーク・ナウです。発売はかなり前のCDになりますが、グラミー賞も取った歌手なのでユーチューブを見ていると、かわいこちゃん歌手なのかと思ったら、とても歌が上手く、声質も良い、そして力強いのです。もともと私はオーディオに入ったジャンルはロック、ポップスで「イーグルス」や「フリートウッド・マック」を夢中で聴いた口ですので、彼女のカントリーポップスも大好きです。
いろいろ見ているうちにこの曲のド派手な画像に釘づけになりました。
https://www.youtube.com/watch?v=oKar-tF__ac
「スパークス・フライ」です。彼女はオープニングにこの曲をよく使っているようですが、こちらのワールド・ツアーのオープニングの「スパークス・フライ」の方が好いです。https://www.youtube.com/watch?v=0x5TrUa90SY
CDのジャンルはカントリーポップとなっていますがロックの要素も強く入っていて
「スパークス・フライ」の出だしのギターの後から入る分厚く歯切れの良いドラムスやベースの通奏音はアルテックのA5の最も得意とするところです。やはりA5はこの手の曲には強いです。
久々に何度もリピートして聴いてしまいました。
イメージ 2
最近はレコードばかりでしたが、久々にCDからSDカードにリッピングしてQA550からI2S接続のモノカプリースで聴きました。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR