FC2ブログ

PL-25E改をお届けしてきました。

本日、浦安のダマテラ邸まで依頼品のPL-25E改をお届けしてきました。

昨日までWoody&Allenさん特製の総カリン製キャビネットに取付けて持って行こうと思って頑張っていましたが、間に合わずに断念。
イメージ 1
脚と入出力端子プレートを取付けたところまでで時間切れでした。

イメージ 2
ダマテラ邸のスピーカーはロジャースSTUDIO2a、メインアンプはカウンターポイントのモノラルアンプ、ビシェイの抵抗を大量に注込んだ特注品です。
手前左側から私のフィデリックス社のフォノイコLEGGIERO、今日の主役PL-25E改、
そしてダマテラ邸のメインプレーヤーのトーレンスのTD-520SUPER砲金プラッター載せ換え品SME3012アーム付です。
下段にカウンターポイントのプリアンプが見えます。

私のシステムで比較、製作、調整をしていますので実際にそのシステムに組み込んでみるまでは どの様な音がでてくるかは分かりません。
少々心配でしたので取り敢えずダマテラ邸のシステムに組み入れて聴いて見たくて
まだキャビネットに組み込んだ完成品ではありませんでしたが、今回は本体のみを持っていきました。
一番心配だったのはハウリングの問題ですが、ウッディバージョンに使う私の作った脚は真鍮製ですので振動を遮断する機能はありませんので床の弱い部屋ですとインシュレーターを使用しないとハウリングに悩まされる事になります。
基本的にインシュレーターは使用したくないので試しにPL-25Eのインシュレーターをはずして直にキャビネットを置いてみましたが幸いにもハウリングを起こしません。
この結果で私の作った真鍮製の脚は使える事が確認できました。

さて、この状態でテクニカの33MCカートリッジからシェルターのトランス、
カウンターポイントのプリのフォノイコライザーを使って聴き始めました。
すぐにわかるのは優しい素直な音です。(この音がPL-25E改の音の特徴ですね)
暫く色々なレコードを聴いてみましたが、どのレコードもとても心地の良い音で音楽が楽しめました。

次にダマテラさんが出してきたカートリッジはこれです。
イメージ 3
ジュエルトーンのJT-RⅢです。
このカートリッジはおそらく全てのカートリッジのなかで最も出力電圧が低く通常のフォノイコライザーやトランスなどではノイズが多くて全く使用に耐えないほどです。
ダマテラさんは以前からこのカートリッジをまともに鳴らすフォノイコの登場を待っていたと思います。
そしてここからが驚異的s/nを持つLEGGIEROでなくてはならない場面での登場となります。
正直この音は凄いです。私は甘い音が嫌いなので、このキレ味には痺れました。
そして、なお音の重心は低く、優しく、しなやかであるのに余計な物は何もない!
二回ほどダマテラ邸で聴いていますがPL-25E改+JT-RⅢ+レジェーロの組合せは過去最高のレコードの音を聴かせてくれました。

また、以前中川さんに教えてもらった秘密の機構をPL-25Eから取り外して通常のプレーヤーに戻して聴いてみましたが、ノイジーになり遥彼方まで見えていた空間に飛び去る響きが見えなくなってしまいます。右隣で聴いていたダマテラさんは「コンサートホールの右席で聴いている感じが秘密の装置を外すと分からなくなる」という表現でした。
また、この変化を明確に表すロジャースのスピーカーとカウンターポイントのアンプの性能の高さにも感心させられました。

あまりに素晴らしい音なので、このままLEGGIEROもダマテラ邸に貸し出して置いてくる事にしました。後ほどウッディバージョンのキャビネットにPL-25Eを組み込むときまで・・・

その時が楽しみです。
スポンサーサイト



新製品の密着シェルとクリスタル・スタビライザー

この所、フォノイコライザーのLEGGIEROの発売以降アナログに力の入っていフィデリックス社ですが、以前の記事で紹介したように新製品の密着シェルが発売になった様です。
イメージ 1
今まで誰も考えつかなかった発想でユニバーサルアームに密着させて完全剛体にできるシェルです。皆さん一度はお試しあれ!
本体重量14g、PCOCCシェルリード付、価格は12,000円(税別)だそうです。

そして、もう一つの新製品は私も長い間 愛用しているノリタケのクリスタル・スタビライザーの復刻盤です。
クリスタル・スタビライザーは多くのスタビライザーを試してきてたどり着いた製品ですが生産はすでに完了していますので入手しずらくなっています。
そこでフィデリックス社で自ら製作販売してしまう事にしたそうです。
イメージ 2
価格は15,000円(税別)です。
この他に高透過ガラスを使って作られたターンテーブルシートも来月に発売されます。

中川さんは今、超ローノイズ電源やフォノイコのLEGGIEROなどの販売が好調で忙しく
新製品は発売されましたが、なかなかホームページの更新をする時間もないそうですので、こちらがホームページより先に掲載する事となってしまいました。
あしからず御了承ください。

プラッターを重くしてはいけない理由

以前の実験でターンテーブルシャフトの径を太くすると音楽のダイナミックレンジが削がれ、素っ気ない詰まらない音になる事が判りましたが、

イメージ 1
その時にターンテーブルシャフトを指で回してみるとスルスルと抵抗なく回るスピンドルほど音が良く、指先の感触でどの様な音がでてくるかまで予測がついてしまう事が分りました。
その後にスピンドルを指で回してみた感覚でまだ判った事があります。

スピンドルシャフトを実際にプラッターが乗った時の様に指で下方向に強く押しながら回してみるのです。
力を入れずに回した状態は回転方向に如何に抵抗なくスムーズに回るかが分かりますが、しかし、下方向に思いっ切り圧力をかけて回すと また別の事が判ります。

シャフトの軸受はボールベアリング球と金属の平な面が一点で接触して成立っています。
理想としては一点での接触ですので力を入れずに回した時と指の感覚に何の変化も感じないはずですが、しかし、実際には力を入れれば入れるほど指先にジリジリ、ゴリゴリとした感触が伝わってくるのです。
この事から超ミクロ的にみれば重いプラッターを乗せた時には理想の一点接触ではないと推測ができます。

重いプラッターではこのゴリゴリとした軸受のノイズと抵抗の感触が実際の音楽を再生する時には滑らかさを阻害しジリジリとした歪んだノイジーな音になっているのです。普段聴き慣れてしまっている方には当り前の音で気にはならないのかもしれませんが
プラッターをそのままの条件で軽くして軸受に負担がかからなくなった音は
比較すると空間は静かになり、ひずみ感の感じられない滑らかな音になっている事が
誰が聴いてもすぐにわかります。

しかし、モーターの振動は適度な重さのプラッターのイナーシャーで平滑吸収したいので、ここで大きな矛盾が生じてしまいます。

イナーシャーと軽いプラッターを両立させる方法ですが
さて、どうするか?すでに答えは分かっているのですが・・・

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR