FC2ブログ

LEGGIEROの特殊機能について

フォノイコライザーのLEGGIEROは すでにご存知の通り入力換算雑音が-156dBVの超ローノイズが売りですが、その他に入力インピーダンスが1ギガオームという考えられない様な超ハイインピーダンスで受ける特殊機能があります 。
この効果と音質について詳しく書いてみたいと思います。

この超高抵抗受けは元となったプリアンプMCR-383GΩで受ける事ができる様になっています。
カートリッジを超高抵抗で受けると電流が殆ど流れなくなりバルクハウゼンノイズを劇的に低減する事ができるので、音質が良くなる事はかなり前から知られていたのです。
なので超高抵抗で受ける試みは他の所でもされていたのですが、超高抵抗受けにすると間違いなく発振を起こしてしまうので、全く他にこの様なフォノイコライザーは見られません。
中川さんは発想を転換し、回路をはじめから見直して、この超ハイインピーダンス受けでも発振が起こらない設計にしてしまったのです。

デンオンのDL-103やオルトフォンのMCカートリッジは磁性体の巻枠にコイルを巻いて出力を稼ぐ構造になっていますが、数百オームの抵抗で受けるとコイルに電流が流れ磁性体と影響してバルクハウゼンノイズが発生します。
音はザラザラの艶消しの音と表現するのがピッタリだと思います。
レジェーロの底面のディップスイッチをデフォルトの1GΩにすると弦楽器などはザラザラな艶消しの音が滑らかで艶のある音に大きく変わります。
磁性体コア入りカートリッジを使った場合はまさに激変といえるでしょう。
また磁性体コア入MCカートリッジは響きがスピーカーの中心に集まってしまいスピーカーの外側に広がらない傾向がありますが、この音も改善されますので空間に漂う微細な響きまでも再現する様になります。

さて、私はもともと空芯のカートリッジを好むので、あまり効果は得られない様に思いますが、実際に超ハイインピーダンスで受けて使用すると空芯カートリッジでも空間の響きの広がり方が違います。
これは電流が流れなくなる為に渦電流歪も低減でき、また超高抵抗受けなので微小信号領域での接点の接触抵抗の影響も少なくできる効果もあるのです。

今回、LEGGIEROが発売されたので是非一度この超ハイインピーダンス受けの素晴らしい効果を底面のスイッチを切換えて体験してみてください。
スポンサーサイト



オーディオ界の巨星 墜つ

オーディオ史に多大な功績と影響をあたえた
オーディオ研究家の江川三郎さんがお亡くなりになりました 。

私のオーディオの考え方の転換点ともなった最も大きな人なのです
江川さんに会ったのは たった一度だけなのですが
人との出会いは『何度会ったか』ではなく『どの様に会ったのか』の方が大切です。
この人に合わなければフィデリックス社の中川さんに会う事も無かった。

残念な事ではありますが、心よりご冥福をお祈りいたします。

極細5mmスピンドルシャフトの驚異の音

前回まで5mm径シャフトの作成をして慣らし運転をしていましたが
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/26816267.html
フォノイコライザーの『LEGGIERO』が来ましたので続きの試聴記事は暫く後回しとなっていました 。
今回スピンドルシャフトの比較試聴をしましたので記事を載せてみました。

以前の記事でパイオニアのベルトドライブプレーヤーのPL-31のオリジナルシャフト10mm径と
私が作った7mm径のシャフトの比較では7mm径のシャフトが圧倒的に音が良く
当オーディオルームを訪れて頂いた数人の方々に音を比較して聴いてもらいましたが、
あまりに差があるのには驚いて頂けたのではと思います。

これほど差がついて7mm径が圧倒的に音が良くなったので 
私も流石にこれから2㍉ 径の小さい5mm径シャフトでは それ程の差はつかないだろうと予測していました。
しかし、音の向上の差は収まるどころか リニアにそのまま音質が向上してしまったのには驚きました。

聴いた直後は「高域にバランスが寄ったかな?」と思ったのですが、よく聴くと、もっと滑らかで艶やかになり高域の響きの情報が増えているのです。そして、音の鮮度も格段に高い。
10mm径から7mmになった時に聴いて頂いた方は10mm径のシャフトが「無表情のつまらない音だ」と感じ「二度と聴く気にならない」と思ったはずです。
その差が7mmから5mm径に変わった時に7mm径シャフトが「聴く気にならない」と同じ様に感じるのです。

以前シャフトの音質比較を聴いて頂いた方々は「あの差のまま同じだけ音が良くなった」と言えば
どれほど5mm径のシャフトの音が良くなったかは信じられないのではないかと思います。

この音を聴いて頂ければアナログレコードには無限に近い情報が封じ込められているという事を理解して頂けるのではないかと思います。

最新鋭フォノイコライザー LEGGIEROの音

イメージ 1

年末に届いたフィデリックス社のフォノイコライザー『LEGGIERO』を数日かけて聴いてみましたので
試聴記事を載せてみました 。

基本性能はオーバークォリティーなほど高いので、あえて説明の必要はないと思います。
私がもう20年近く愛用してきたプリアンプMCR-38のフォノイコライザー部をそのまま抜き出したものですが、当時の部品はすでに無くなっている物が多く、その点ではどの様な音が出てくるかは多少の不安はありました。
しかし、しばらく色々なレコードを聴いてみましたが 全くその心配は無用でした。

MCR-38を昔から長い間 聴いていても流れる様にしなやかな優しさと、飛出す3D映像を見ているかのような物凄い迫力の表現の幅の大きさには今でも驚ろかされます。

このダイナミックレンジの大きな表現力はLEGGIEROにもそのまま引き継がれていて弦楽器の滑らかな優しい繊細な表現から、一変してオーケストラの全奏時の重心の低い分厚い低域の表現や、ロックのバスドラの腰の強い迫力は感激ものです。
音色も癖が感じられず自然なところも色付けを排し入力側をそのまま出力するMCR-38と同じです。
この上流の音をそのまま出力する事こそが入力側が何が正しいかを見極める為に私には絶対に必要だった事なのです。

フィデリックス社の製品は基本的には左右供用しないモノラルで使う事がデフォルトですが、今回のLEGGIEROも底面のディップスイッチを切り替える事で電源から左右が完全に分離されたモノラル使いとなります。
この音を聴くと天才的アンプ設計者『中川 伸』の目指してきた音を感じてもらえるのではないかと思います。
キリッと引締まった甘さのない音像と完全分離して、スピーカーの外側の空間一杯まで飛び散り広がる響きは目をつむると まさにその演奏会場にトリップした様に感じるのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/24137391.html

MCR-38プリと多くの面で同じものを持つ『LEGGIERO』、微妙な違いはもちろんありますが、間違いなくMCR-38のDNAを引き継いだ素晴らしいフォノイコライザーである事は間違いはありません。

新年のご挨拶

イメージ 1

皆様、明けましておめでとうございます。

旧年中は沢山の方方々にこのブログを訪問して頂、真に有難うごさいました。
本年も引き続きオーデォブログを更新していきたいと思いますので
宜しくお願い申し上げます。

まずは新着のLEGGIEROの試聴記事からいきたいと思いますので御期待ください。

milon

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR