FC2ブログ

フォノイコライザー LEGGIERO到着

イメージ 1

新型フォノイコライザー『LEGGIERO』がフィデリックス社より届きました。
早速接続して聴いてみましたが期待を裏切らない予想通りの素晴らしい音です。
スポンサーサイト



極細ターンテーブルシャフトの作成

ターンテーブルシャフトは細い方が音が良い事は前回の比較検証で解りました。
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/26475246.html
PL-31のオリジナルシャフトは10mmですが、7mmにすると圧倒的に音は良くなります。
ではもっと細いとどうなるのか?
あまり細くすると撓み(バネ性)が出てくる事が予測できますのでどの程度が最良なのか?
興味が湧いてきます。。

色々なメーカーのプレーヤーを見てみるとシャフトの太さを検証したプレーヤーメーカーは
おそらくはロクサン社くらいではないかと思います。
ロクサン社のザークシーズはシャフトの太さ6mmと極細です。この辺がシャフトの太さの限界ではと予測しますが、今回はあえて5mmに挑戦して作ってみました。
シャフトに使う材料は極細ですので強度を考え検討した結果
フライス盤や旋盤で鉄も削る刃に使うハイス鋼の5mm丸棒を使う事にしました。
直径の精度も使用する切削工具としての性質上特に高精度に作られていますし、
ステンレス鋼よりも高硬度ですので底部の軸受のボールベアリング球との接点の摩耗防止にも好都合です。
イメージ 1
一番下はオリジナル10mmステンレスシャフトで
一番上は5mmのハイス鋼の丸棒長さは80mmです。
そして中が今回作成した5mmのターンテーブルシャフトです。太さの違いは歴然です。

イメージ 2
スピンドルケースはPL-31のオリジナルを利用して10mmの砲金に5mmの穴を空けスリーブにして中に入れてあります。
軸受は真鍮で作り6mmのボールベアリング球を埋込ました。
イメージ 3
スピンドルをプラッターに嵌め込んだところですが5mm径のスピンドルシャフトってこんなに細いんですよ~
目の錯覚でプラッターの径が大きく見えます。

当りが出るまで45回転でしばらく回しておきます。

PL-31EのチューンUp

前回までにどの様にすれば理想的なプレーヤーに仕上げる事が出来るかは だいたい判りましたので
今回は新に手に入れたPL-31Eの改造に取り掛かりました 。
イメージ 1
PL-31EはPL-31Dを元に音の悪いDアームをやめてEアームに載せ換え改善されたものです。
なので はじめからEアームが付いていますので載せ換えの必要がありませんので喜んでいましたが
これがPL-31Dを改造するよりも難物でした。

PL-25Eプレーヤーに載っているEアームはセンターシャフトに直接ネジ切がしてありトップボードの穴に嵌め込み裏からナットで締めて固定する単純な方法が採られています。なので高さ調整はできませんので私は適当な厚さのワッシャーを作って挿み高さ調整にしています。その代り確りと固定する事ができます。

イメージ 2
PL-31EのEアームはその点が改良され写真の取付けベースの右わきにあるレバーを使って穴の中に見える四角い白い樹脂を右に移動させ出っ張った分でアームシャフトを締め付けロックして高さ調整ができる様になっています。
ワンタッチで高さ調整ができるので便利ですが、実際にロックしてアーム先端を持って前後に揺さぶってみると
カチッとした感触が手に伝わってきません。これは樹脂の柔らかさでグニャグニャと前後に動いて完全に固定されてない状態です。
この部分はアームにとって非常に重要な部分です。アームを取付けるボードが金属から木質系に変わっただけでシャープな音は出てこなくなる場所です。
徹底して固定するために新たにアームベースを作成してみました。
イメージ 3
右がオリジナルで左が新たに作成したアームベースです。

イメージ 4
アームシャフトの固定用にはキャップスクリューを90度の角度で二本取付けました。

イメージ 5
実際にアームを取付けた写真です。なかなか良く出来たと思います。これでアームシャフトは完全に固定され、高さ調整も出来る様になり使い勝手が俄然良くなりました。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR