FC2ブログ

画期的発明品『密着シェル』

最近フィデリックス社の中川さんは新しい試聴室で今まで思うように出来なかった
所有しているオーディオ機器の調整に勤しんでいる様です。
特にアナログ関連には力が入っている様です 。

ある日、私の所に電話があり「アームとシェルの接続部分を2ロックピンにしてもガタつきがあり、これをなんとかする方法を考えた」と言ってきました。
通常シェルはコネクター上部に一本のピンが出ていてアーム側のネジで引き込んで固定します。
しかし、上側のみを引っ張るだけでは下側が動いてしまいガタつきがでてしまいます。
これでは支点の明確化には遠く及びません。
シェルとアームを一体化してインテグレーテッド化してしまえばこの問題は起こりませんが、どうしても複数のカートリッジを交換して使いたいのがオーディオマニアです。

そこで考えられたのがシェルコネクター部に上のピンと下のピンをつけて
2ロックピンにしたシェルが考えられました。左側のオーディオ・クラフトのシェルがその代表例です。
イメージ 1

私も真似をして右側のシェルの様に2ロックピンに改造して使っています。
しかし、この2ロックピンでもアーム側のネジとの遊びがある為に完全には固定が出来ないでガタつきが残ってしまっていました。それを完全に解消してインテグレーテッド・アームなみにしてしまう方法を考えついたそうです。

それから間もなくフィデリックス社から送られてきたものです。
イメージ 2


早速シェルに取付けてみました。
イメージ 3

ピンのついた板をいれる長穴を開けて板の前後に隙間を僅かに作ります。
横からピンを入れて固定して、ちょうどシーソーの様に板が動く様にするのがミソです。
アームに取付けた時に均等な力が上下のピンに加わりアームとシェルの接続部に隙間がなく固定できる様になります。
実際に使用してみましたがアームと完全一体となり驚くほどガッチリと固定できました。
音質も曖昧さのない明快な音に変わります。

今までシェルのコネクター部は色々な方法が考案されてきましたが、
今回の『密着シェル』は単純な構造でアームに完全固定ができる決定的な方法です。
今までも中川さんにはアンプ製作の独創的発想で感心させられてきましたが、
今回の密着シェルも中川さんらしいオリジナリティー溢れる物だと思いました。
スポンサーサイト



シンクロナスモーターADPの理想電源

皆さん、めっきり寒くなってきましたので体には十分に気を付けてください。

私は最近は記事を書くのも疎かになるほど素晴らしいアナログレコードの音に魅了されてしまって
自宅に居ながらにして毎日コンサートに行っている気分で音楽に のめり込んでしまっています。

特に前回の記事に書いたとおりパイオニアのプレーヤーを雪まるださんの持ってきた綺麗なサイン波の電源で回した時の音は私の追い求めて来た手回しプレーヤーの音そのものだったのです。

ここで門題の商用電源の歪んだ波形の事について何故そうなるのかを電源のエキスパートであるフィデリックス社の中川さんに聞いてみました。
発電機で発電され送電されてきた商用電源は本来はサイン波なのですが家電に使用されている整流ダイオードが使う部分はサイン波の山の頂上と谷の底のみなのだそうです。
なので多くの機器が繋がれた商用電源は山の頂上と谷の底の電圧が下がり綺麗なサイン波ではなく台形の様な形になってしまうのだそうです。
この様な歪んだ形のサイン波をそのままシンクロナスモーターに使えば綺麗な正円ではなく一部分がへこんだ形で回転しているのと同じになるのだそうです。

なので私がいくらプレーヤーをチューンしても手回しプレーヤーの音に近づきはすれ
けして手回しプレーヤーの音そのものと同じにはならなかったのです。

中川さんは「シンクロナスモーターをドライブする専用電源を作りたい」とかなり昔から言っていますが
今回も『フォノイコライザーのレジェーロ』が間もなく発売される為、この専用電源を作るのは
またしても先送りになりました。
仕方がないので自分で商用電源をいったん直流に換え改めて綺麗なサイン波の交流を作りだす電源を探す事にしました。
候補の電源は雪まるださんの持ってきたPS audioとCSEの『アイソレーション電源』で当初は玉数も多く安価なCSEの電源をヤフオクで捜していました。プレーヤー専用ですので100Wもあれば十分です。
色々と入札していると、ふとPS audioの電源が出品されている事に気付きました。
それが これです。
イメージ 1

なんと容量は700VAもあります。使用するのは3Wですので豪華すぎますね。


一般に甘さのない鮮鋭な音にしていくと「きつくて疲れる」「しなやかさがなく硬い」という音になりがちです。
理想は鮮鋭なままで優しく滑らかな音を出す事ですが、これがなかなか難しい。
最上流のプレーヤーからして滑らかではなく、重心が高くきつい音なのですからその後の機器が高忠実になれば なるほどスピーカーから滑らかで優しい音が出てくるはずはありません。
なので大体の場合は音のきつさを誤魔化して甘い音に逃げてしまいがちなのです。
間違った方向に行かない為にも音の最上流はとても大切なのです。

シンクロナスモーターの理想電源

イメージ 1

日曜日の午後から雪まるださんとオフ会をしました。
その時に持ってきた機器はPSオーディオのアイソレーション電源でしたがこの機器は
一度ACを直流に整流して改めて綺麗なサイン波の交流を作る機器でした。

通常のAC電源の波形はサイン波の頭の潰れた綺麗な波形ではありません。
この為この波形をそのまま使って回転しているシンクロナスモーターは綺麗なトルクの円運動ではないのです。
以前の記事でコンデンサの値の僅かなズレによっても神経質な音が出る事は分かっていましたので
この波形の変形は見逃せない大きな影響があるだろうとは容易に推測できました。

以前からパワーアンプと発信機を使って綺麗な交流波形を作りシンクロナスモーターをドライブすると
音が良くなる事は知っていましたので、このPSオーディオの電源をシンクロナスモーターを使ったプレーヤーに使えば良くなるだろうと思い一番最初に使ってみましたが出てきた音には吃驚しました‼ 
その音は「まさに滑らかで優しい手回しプレーヤーの音そのもの」ではありませんか!

この音を聴いて私のこれから目指す方向は間違いなく「綺麗な波形の電源でシンクロナスモーターのプレーヤーをドライブする事だ」と確信しました。

久々のオーディオ雑誌

イメージ 1

オーディオ雑誌は滅多に買わないのですが
マイペースさんのブログで紹介されていましたので購入してみました。
お目当ては付録の寺島レコードのサンプラーCDです。

発売されてから時間がたっていたのか書店に行っても無く、二軒目も梯子をしてもありませんでした。
神さんに「そんな時はママゾンでしょ。」と言われて、「ああ、そうか。」と思いました。
神さんは今はすっかりアマゾンの常連ですから

記事にはあまり興味がないのですが、江川三郎実験室に新しい中川さんの試聴室の記事が載っていました。
まもなく発売予定のLEGGIEROの記事も一緒に載っていましたね。

最近はアナログプレーヤーの音が凄く良くなったので、オリジナルレコード盤を買いまくって聴いていて
ブログの記事が滞ってしまっています。
常時チェックして頂いている方々には申し訳ありません。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR