FC2ブログ

スピンドルシャフトの音質比較5

7mm.8mm.10mmと3本の径の違うスピンドルシャフトが揃いました 。
知識としてはスピンドルシャフトの径は剛性が取れる範囲でできる限り細い方が良いのは分かっていましたが、実際にはどの様に音が変わるのか聴く事はなかなかできない経験です。
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/24770144.html

使用したオイルはCRC 5-56のテフロン入りです。

色々なレコードを聴いてみた結果は予想してたより遥に音質の差が大きい事に驚きました。
太いシャフトになるほど音の響きがデッドになり、抑圧された無表情なつまらない音になっていくことです(「音楽が死んだ様になる」の方が表現が分かりやすいかな?)。
一番細い7mm径は他の大きい径のシャフトに比べても圧倒的にビビッドです。
そして、8mm、10mmと順に響きが延びきらないで途中で消えている様に聴こえます。
7mm径と8mm径では比較して判るくらいの差ですが
正直10mm径までになってしまうと比較しなくても音楽が色褪せた つまらない音だと分かるくらい大きい差です。
これはスピンドルシャフトとスピンドルケースとのオイルを介しての接触面積の広さに関係している事が
聴いてすぐに分かります。オイルの粘りそのものの音だからです。

イメージ 1
試しに画像の様に8mm径のスピンドルの中間を削ってわずかに細くしケースとの接触面積を減らした物を作って聴いてみましたが、色鮮やかになり7mm径のシャフトの音にかなり近づく事が判ります。

このスピンドルの比較テストをしてみて、聴かなくても簡単に音の良し悪しを比較できる方法がわかりました。
イメージ 2
画像の様にスピンドルの先端をもって指で回してみるのです。回した時のシャフトの粘りのとおりの音がでます。やはり径の細い物は回転抵抗が少なくスルスルと滑る様に軽く回り、径が太くなるにしたがい重く粘る事が指先に感じられるのです。
スポンサーサイト



スピンドルシャフトの音質比較4

前回はPL-25Eの7mm径スピンドルシャフトをPL-31Dに取付けるアダプターを真鍮丸棒から削り出して作りましたが、
今回はビクターの8mm径シャフトをPL-31Dのトップボードに取付けるアダプターを作って見ました。

イメージ 1

手前の直径60mmのフランジです。今回はビクターのスピンドルシャフトケースは作りが確りしていますので、
前回のPL-25Eのシャフト用の嵌め込み式とは違いセンターに旋盤でネジ切りをして取付ける方法にしてみました。

イメージ 2

左はPL-31Dの10mm径スピンドルユニット、手前は今回作成したビクターの8mm径スピンドルユニット、右が前回製作したPL-25Eの7mm径スピンドルを利用して作ったユニットです。
これで三種類の違う径のスピンドルの音を簡単に交換して聴ける様になりました。

イメージ 3

さて、試聴の結果は如何に・・・

スピンドルシャフトの音質比較3

パイオニアのPL-25Eのスピンドルシャフトを同じパイオニアのPL-31Dに取付ける
変換アダプターを作ってみました。
イメージ 1

直径60mmの真鍮丸棒から削り出しました。PL-25Eのスピンドルケースをそのまま入れる様になっています。

イメージ 2

スピンドルユニットを挿入した写真です。かなりゴツくなって頼もしくなりましたが実際の試聴結果はどうでしょう?
サイドより2本の芋ネジで固定する様にしてあります。
これでPL-25Eの7mm径のスピンドルシャフトが使用できる様になりました。

スピンドルシャフトの音質比較2

皆さん、毎日猛暑が続いていますが体調など崩さない様にしてください。
イメージ 1

さて前回ビクター社のスピンドルシャフトをパイオニアのターンテーブルに使用できる様に旋盤で削りましたが、誤操作で少々の切削ミスがありました。(一番下のシャフト)
使用には全く問題がないのですが、自分の性分で気になりますので再度切削し直しました。(下から二番目のシャフト)
ここで気が付いたのですが、このスピンドルシャフトは時期によって製作方法に違いがある事です。
イメージ 2

左は先に削って失敗した方のシャフトですが右と比べると矢印の所に隙間があります。
今回削った右側にはこの隙間が見えない事から、左は別のテーパースリーブをシャフトに後から嵌め込んだ物で右側は一本のステンレスの棒からの削り出しだと分かります。
発売当初は太いステンレスの棒からシャフトを削り出していた様ですが、後に大量生産に向く様にテーパーのついたスリーブを嵌めて作ったと想像できます。
もちろん空間のできない一体削り出しの方が音に良いはずですが、コストを下げ生産効率を上げる為にこの様になったのではないかと思います。

発売当初の物の方が音が良い製品が多いとよく言われる事がありますが、あながち嘘ではないのかもしれません。
改良なら良いのですがコスト削減の為に初期の物より音質が落ちてしまうのは如何なものかと思います。

スピンドルシャフトの音質比較1

パイオニアのベルトドライブプレーヤーPL-31Dのシャフトの直径は10mm、PL-25Eのシャフトは7mmです。
テーパーが同じで互換性がありますので、改造のついでに音質面ではこの太さの差がどの様に影響するか比較してみようと思いました。
イメージ 1

一番下がPL-25Eのシャフトで二番目がPL-31Dのシャフトです。
下から三番目がPL-25Eのスピンドルユニットで四番目がビクターのベルトドライブのスピンドルユニットです。スピンドルケースの作りもパイオニアに比べると太く確りしています。
スピンドルの直径は8mm位ですがテーパーに互換性がありませんのでこのままでは使えません。

そこで旋盤を使ってパイオニアと同じテーパーに削る事にしました。
イメージ 2
まずPL-25Eのシャフトをチャックに銜えダイヤルゲージで測りながら刃物台の角度を変えテーパーの精密な角度をだしていきます。この調整作業にかなりの時間を食いました。
イメージ 3
次にビクターのシャフトに銜え直し同じ角度で外径を削っていきます。
イメージ 4
操作をミスって少し失敗しましたが先と元が決まっていれば問題ないので良しとします。
切削面に軽く砥石をかけ、ピカール研磨剤を付けて磨きました。
イメージ 5
これで三種類のスピンドルシャフトができました。
これから 右側2つのスピンドルユニットをPL-31Dのトップボードに取付ける部品を作成しなければなりません。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR