FC2ブログ

パイオニア PL-31Dの軸受

イメージ 1

前回の記事で作ったのはパイオニアのPL-25Eの上級機にあたるPL-31Dのスピンドルシャフトの軸受です。
PL-31Dはトップボードはスチール製ではなくアルミダイキャスト製でプラッターも厚く作りが良いのでヤフオクで手に入れました。出品数も少ない事から玉数は25Eより かなり少ない様です。

ただし、問題も多くPL-25Eより難しい改造になりそうです。
付属の専用アームを分解して調べましたが、いくら改造しても どうにもならないアームでしたのでゴミにして、お気に入りのPL-25Eのアームに載せ換えます。
パイオニアでも31Dのアームの音の悪さに気が付いたのか、後にPL-25Eのアームに載せ換えたPL-31Eと言う機種を作った様です。これならアームの乗せ換え作業が要らないのですが、もっとレアではないかと思います。
http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/player/pl-31e.html

ターンテーブルのシャフトを分解しましたが軸受はナイロン製の様で
軸受の材質は音質に大きく影響しますのでタングステン鋼に変更しました。
PL-25Eのスピンドルユニットと比べるとコストがかかっていますね。
しかし、シャフトの径がPL-25Eの7mmなのに対して31Dは10mmと太くこれが音質にどの様に影響してくるか
後ほど比べてみたいと思います。
スポンサーサイト



新たな物に挑戦してみました。

イメージ 1

作ったのは左側の五円玉の様な物です。
周りは位置決め用の真鍮ですが真ん中の黒い物は直径6mmのタングステン鋼の円盤です。
これを右側のカップに入れて使います。

こんなカートリッジが出来ました。

イメージ 1

こんなカートリッジを作ってみました。
前回のFR-1mk2の外皮を剥いでスケルトンにした物を取り敢えず瞬間接着剤でシェルに貼り付けて使ってみましたが、今回は それを本格的に専用シェルを作って取付けてみました。

目的は
1.不要振動の除去
2.振動支点の明確化
3.接点の排除
とこんなところです。

1.の不要振動の除去は樹脂などの音に悪い材質は排除して、超々ジュラルミンのブロックから削り出して厚みを持たせ不要の空間を少なくしました。アーム接続部品との接続部分は十分に幅を持たせ斜め45度から2個の芋ネジで固定してあります。
またアーム接続部分は2ロックピンにしてあります。

2.の振動支点の明確化は超々ジュラルミンブロックをフライス盤で凹型に溝を切り
発電ユニットを嵌め込みステンの芋ネジで両側から止めました。
側面に見える先端側の穴はマグネット部分を固定する芋ネジで、後ろ側の芋ネジはカンチレバーや発電コイルなどの振動系を支持するヨークを確り固定してありますので、これにより支点の明確化が実現できます。

3.の接点の排除はコイルのリードをハンダで止めてある部分からシェル端子まで接点レスで持って行ってあります。

イメージ 2

音質はシェルに瞬間接着剤で仮止めした状態から大幅に向上しました。
素直で自然な音はそのままにエッジが立ったキリッとした甘さのない音に変身です。
何時までも聴いていて飽きない素晴らしい音になりました。
やはり瞬間接着剤の樹脂の厚みが薄いとはいえ柔らかい物が間に挟まった状態から
金属で完全固定した音とでは圧倒的な差があります。

超々ジュラルミンA7075

イメージ 1

注文していた物が今日到着しました。
アルミ合金中で最も剛性が高く零式艦上戦闘機(ゼロ戦)にも採用された超々ジュラルミンのA7075です。
このA7075は以前SONYのカートリッジXL-MC5の取り付けベースとして使った事がありましたが
質量も軽く音質が良かった事から再びの当場となりました。
厚さ20mm、100×200の大きさで注文しました。
何ができるかは乞う御期待です。

FR-1mk2を落札しましたが ジャンク品でした。

イメージ 1

最近ヤフオクでFR-1mk2を落札しましたが
到着して翌日テスターで測ると右チャンネルの導通がありません。
すぐに対応してくれる様に連絡しましたが
「ノークレームノーリターンなので対応できません」の返答です。
以下出品時のコメントをそのまま載せます。

****************************
最近まで使われていたものですが詳しくないため未確認です。
改造ありです。
完全ノークレームノーリターンでお願いします。
画像に写っているもので全てとなります。
本商品は委託出品となります。

※当方、専門知識を有しておりませんので、細かい機能やパーツの状態、技術的な質問はご遠慮願います。
******************************

この出品者の常套句最近まで使われていたものが曲者でしたね。
実体顕微鏡で見ると針先は殆どすり減っていない新同に近い事から使われていた形跡は殆どありませんね。
この人から他のカートリッジを落札した方の評価も曇の「どちらでもない」で一言「ありがとうごさました。」でした。
本当は涙かな?

フィデリックス社のサイトに高性能フォノイコ『レジェーロ』の記事が載りましたが
その中にFR-1mk2の底を削って音質改善を図った記事も載っていますので
真似をして作ろうと思って落札しましたが断線とは・・・
とほほ・・・
これ以上確信犯に何を言ってもムダでしょうからね。気持ちを切り替えましょう。


しかし、しかしです。
このFR-1mk2はジャンク価格ならあきらめもつきますが、ネット相場で購入しましたので、このままゴミにするには納得いかないので樹脂部分を殆ど剥してみました。
イメージ 2

完全なスケルトン状態になりました。
形はマグネットにヨークを張付けて、アルミカンチレバーの根本にコイルとダンパーを配置したDL-103と同様のオーソドックスなオルトフォンタイプです。
しかし、コイルのコアは磁性体ではなく空芯コイルなのだそうです。
その為に出力電圧が極端に低く、このカートリッジを増幅する為に
超ローノイズフォノイコライザーが必要になるのです。

断線はコイル内やコイルとリードの元で切れていると ほぼ修復は不可能です。
実態顕微鏡をみながら倍率を上げて右chのコイルとコイルから出ている極細線のリードを慎重に検査しました。
目視ではコイルもリードも断線している様な所は見つけられませんでしたが、
ピンセットでリードを触ってみるとフラフラと簡単に動きます。
良く見てみるとリードの先端がハンダ付けの部分から離れている事に気が付きました。
これは幸運です。
そうと判れば何時もの通り実体顕微鏡を覗きながらチョチョイのチョイです。
イメージ 3

これで右chの導通が回復しました。
取敢えずこのカートリッジに付いてきたテクニカのシェルに瞬間接着剤で張付けて
端子はシェルリードは使わずハンダ付けです。

PL-25E改プレーヤーに取付けて音出しです。
ボリュームを上げてもハム音が出ませんので導通している様です。
いよいよレコードに針を落とします。
イメージ 4

やっと音出しまでたどり着きました。やれやれです。
MCR-38プリのボリューム位置は2時から3時とかなり高く丁度イケダ9と同じ位です。
MCR-38クラスの超ローノイズ級フォノイコを持ったプリでなければノイズが気になるでしょうね。

さて、音ですが針を落とした瞬間に素直な優しい音だとすぐにわかります。
普段からエッジの立った音に慣れていると少し物足りないかもしれませんが、とてもしなやかで自然な音です。
バランス良く確りした厚みのある力強い低音が出てきます。
このカートリッジも常用機として十分な音質のカートリッジだと思います。
紆余曲折はありましたが また、新たなカートリッジが加わりました。

もしフィデリックス社のフォノイコライザー『レジェーロ』が完成した時にはこのFR-1mk2は一番にお勧めしたいカートリッジだと思います。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR