FC2ブログ

monoCAPRICEはMC-L1000を超えたか?

イメージ 1

最近導入したモノ2台使用のカプリースの音は素晴しく
デジタルの目標として長い間使用してきたVICTOR社の傑作カートリッジMC-L1000と比較しても
これを超えているのではと思うほどです。

すでにカプリースI2S+QA550改導入時には通常の鉄芯入りカートリッジとダイレクトドライブ型プレーヤーの音は上回っていましたが、ベルトドライブ型プレーヤーと空芯ダイレクトカップル型カートリッジとの比較では「まだデジタルは追いついてはいないな」と感じていました。

今回MONO CAPRICEの調整が落ち着いた事から 本当にMC-L1000の再生するアナログの音を超えているのか聴き比べをしてみました。

イメージ 2

システムは下記です。
QA550改>I2S>MONO CAPRICE2台>MCR38プリ>LX-8MONOデバイダー2台>LB4パワー6台>ALTEC A5+SW  
 ↑                      ↑
電気二重層キャパシタ電源     MC-L1000< FR64FXトーンアーム< AR ES-1改ターンテーブル

確かにmono CAPRICEがL-1000を上回っているのは低域です。L-1000と言えどアナログは低域に極僅かに甘いところがありますが、モノカプは曖昧なところが全くなく鮮明です。この明確さは中域までおよび、
意外な事にアナログよりも重心が低く厚みも力強さもモノカプの方があります。

そしてモノカプの圧巻なのは空間のスケールの大きさからくる開放感とそこに広がる響きです。
MC-L1000も音の広がりでは素晴しいのですが、モノカプはこれを上回ります。

音色についてはCAPRICEは元々温度感は高く、聴き疲れのない優しい音なのはCAPRICEを聴いた皆さんが認めてくれるところなので この点はアナログとの比較でも とても良く似ていて違和感は少ないと思います。

以前のステレオ使用のCAPRICEは明らかにMC-L1000と比較して重めの音でしたがmono CAPでは全く遜色なく軽く反応の良い音になっています。この事により演奏者の楽器のドライブ感が大きく向上して活き活きとしてきている事が分ります。

ただ一つMC-L1000の音にmonoCAPが わずかに及ばないところがあります。
それは微妙な色合の差です。
MC-L1000は喩えて色鮮やかなフルカラーの音ですが、monoCAPRICEは音の色数には制限があるように聴こえます。
これはやはり16bit/44.1の制限からきているのかもしれません。
私は これ以上の音は今後の進む方向であろうDSDに期待したいと思います。

以前よりMC-L1000の音をデジタルで抜くのは容易では無いと思っていましたが
今回の比較で総合的には多くの部分でmono CAPRICEがMC-L1000を上回る結果となりました。


追記
かなり前の記事ですが、この方もmonoCAPRICEについてこの様に書かれています。
御参考にしてください。
http://asoyaji.blogspot.jp/2011/11/pcm.html
スポンサーサイト



モノラル使用の効果実験

前回の記事で CAPRICE2台のモノラル使用での大幅な音質向上が確認できましたので
ここで何故ここまで音質に効果が有るのか再確認のために実験をしてみました。

私のメインシステムはプリアンプを除いてデバイダーもパワーアンプもモノラルタイプです。
(MCR-38プリアンプはデュアル・モノです。)
過去にステレオ仕様のチャンネル・デバイダーを使用していたのを モノ仕様にして2台使った時の大幅な音質改善の経験があった事から、DACのモノ使用の結果はある程度の予測はできていました。

では何故この様な効果があるのでしょう?
中川さんの考えでは完全に筺体を左右に分離する事によりアースループが出来ない事が一番の理由だと言います。
それならばと此処で このモノカプリースを使って実験をしてみました。
実験はいたって簡単です。写真の様に2台のモノ仕様のCAPRICEを同軸ケーブルで左右の任意の端子に接続するだけです。

  赤い端子のRCAケーブルで左右のカプリースを繋いで見ました。
イメージ 1

これで左右のアースは繫がった事になり変化要素は純粋にこれだけです。
しかし試聴の結果の差は歴然です。
空間は縮み元のステレオ仕様のCAPRICEの音に戻ってしまいます。
この事からアースを通して左右が互いに干渉しあっている事が分ります。
一つの筺体内にアースを共有した2台を入れるのと完全に筺体を分けてしまうのとでは全く意味が違うのです。

このモノラル使用の究極の音の分離感と空間の広がりは一聴の価値ありです。
ぜひ挑戦して聴いてみてください。

200,000ヒット達成に感謝

今回、このプログを初めてから累計で20万ヒット超えを達成いたしました。
多くの方々に見て頂き本当に感謝いたします。

これからも夫々の方の趣味のオーディオに 少しでも御参考になれば幸いと思っております。

MONO CAPRICEの音

CAPRICEは当初から2台をモノラルで使用する様に想定されており、さらなるハイレベルな音質の追及にも対応できる様に作られています。
自分は数十年も前からモノラル使用のメリットは充分理解していましたので
1台のステレオ使用を2台のモノラル使用にするとどの様な変化をするかの予想はある程度はついていました。
今回、念願の2台をモノラルで使用出きる様になりましたので、その音質について書いてみたいと思います。


まず一番最初に分るのは空間の出来方が全く違います。
ステレオでの使用では出来上がる空間に枠の様な制約がありますが
モノラル使用ではこれが全く無くなり空間のスケールが大幅に拡大し開放的な音になります。

次に微細な音の分離感が大きく向上し広くなった空間に鏤められた細かい響きがより確り見える様になります。
音の反応は速くなり重苦しさの無い軽々として乾いたサラサラとした質感に変わり より立体的で自然な音に近づきます。低域に重心が下がり コントラバスやチェロの厚みが増し胴鳴りが素晴しく、ロックのバスドラも力強くなります。

最初はステレオ仕様のCAPRICE2台の片chだけを左右で使ってみましたが、低面のスイッチを切り替え片CHだけの信号をES9018DACチップに入れ純粋にモノラルでの仕様にすると別CHの余計な信号が入らなくなった為と思われる効果か、雑味がなくなり音の純度がより向上しました。

これらの音の違いは微妙な変化レベルではなく誰が聴いても分る大幅な向上で、一つの筺体で右左のchを共有せず純粋に片chのみにした事と、やはり音の上流なので変化がより明確に現れ、期待を上回る結果が出たのだと思います。

まだ試していませんがカペルさんがコメントをくれたように8ch全ての出力を纏めて片chに使うと(通常は4ch)
さらに音が良くなるようですので後ほど試して見たいと思います。

MONO CAPRICEのI2S化

2台目はノーマル仕様でしたので片側だけS/PDIFで取りあえず鳴らしてみていましたが
本日I2S入出力基盤が届いたので早速取り付けてみました。

          色違いですがQA550改の両側に角のように出たHDMIケーブル
イメージ 1

CAPRICE 懸案のMono化

本日、CAPRICEの2台目が我家に到着しました。
経験上から2台をモノラルで使用すれば圧倒的に音が良くなるのは判っていましたが
「自分には完成されたアナログの音がある」という安心感から そのままになってしまっていました。
セレナーテのモノラル使用の関連記事
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/2806084.html
此処の一番下モノラルチャンネルデバイダーLX-8の関連記事
http://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/192638.html


此処に来てすでにモノラルで使用しているコタさんや、カペルさんの記事を見るにつけ、
いよいよ自分もモノ使用に取りかかって見る事にしました。

                念願のCAPRICE二段重ね
イメージ 1

CAPRICEには初期型と後期型があり内部が微妙にちがっています。(音として比較はしていませんが、ほとんど差はないとおもいます。)私のすでに持っているCAPRICEは20番目なので最初期型ですので左右揃える為に、今回のCAPRICEはオークションで初期ロットの物の出品を待って入手しました。入手した物はノーマル仕様なので、すぐにフィデリックス社にI2Sの入出力基盤を送ってくれる様に頼みました。
I2S基盤の装着はES9018のチップ近くに配線する事になり、絶縁の悪い半田こてなどを使うと静電気で
瞬時にチップの重大な破損につながるそうですので気をつけてください。

          こうなる事を見越してQA550に事前に開けて置いたHDMI右ch用の穴
イメージ 2

とりあえずI2S入出力基盤がくるまでQA550のI2Sを今までのカプリースのRchに繋いで、SPDIF出力を今回のカプリースのLchに繋いで音出しをしていますが、これでもすでに予想した以上の音が出ています。

まだES9018の8ch全てを片chに使う設定にはしていませんので、追々音を比較しながらやって行きたいと思います。



9月10日追記
自分はこのモノラル使用のCAPRICEの音を聴いて早くモノラル使用にしなかった事を今は悔いています。
まだ厳密に比較をしていませんがMC-L1000カートリッジの再生するアナログの音を超えているのではと思うほどで、絶対に追いつくのは無理と思う大沢式カートリッジの音に迫る音かもしれません。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR