FC2ブログ

三度オフ会です。

本日友人のニッパさんが調布より来訪してくれました。
第一の目的はSDカードプレーヤーの試聴
第二の目的は滅多に聴けない超のつく珍しいカートリッジの試聴です。
イメージ 1

まずニッパさんに冒頭のジャブからノックアウトされました。
SDカードを挿すだけの横幅15cm位のおもちゃの様なポータブルプレーヤーですが
見かけからは想像のつかないクォリティーで音楽を再生します。電源は電池です。

イメージ 2

さて第一の目的のSDカードプレーヤーです。とても小さく出力は光と同軸でDC9Vの外部電源です。
DACはもちろんCAPRICEの同軸入力に入れて聴きましたが
出てきた音の凄さに絶句です。
前回アキュフェーズのハイエンドトラポとDACの音を聴き、「CDの限界が近い」などと のたまわった事、
反省します。
アキュのハイエンド機も含めて全く比較にならない次元の違う音がして「ウーン」と唸ってしまいました。
この音には 「参りました~」の一言しかありません。
回転系の無いトランスポートがいかに優れているかを聴かされたショックで
このSDカードプレーヤーを即 購入してしまいました。
この機種は16/44Kのみ対応なので、これから出てくる32/384K対応のフィデリックスのSDカードトラポが楽しみです。

イメージ 3

もう一つの目的の超珍しいカートリッジを幾つか聴かせてもらいました。
その中でも群を抜いて音が良かったカートリッジがあります。
写真の大沢式カートリッジです。
全くのカッティングマシンと双似の磁気回路とコイルを実現したカートリッジです。
ニッパさんのサイトに大きな写真が載っていますので後で見てください。
手作りで市販品ではありませんが、おそらくはこれ以上のカートリッジは無いと断言できるほどの音です。
(もしかしたらフィデリックス製のコンデンサーカートリッジがあるかも)
http://www.fidelix.jp/others/cartridge.html

ここがニッパさんのサイトです。
珍しいだけでなく驚くべき音のカートリッジの数々が載っていますので見てください。
http://www.nippaweb.net/myroom/kt/index.html
http://www.nippaweb.net/myroom/okt/oosawa.html
スポンサーサイト



二日連続オフ会しました。

この連休の18日は雪まるださんの友人のK氏邸へ、
19日は拙宅で二日連続のオフ会でした。

18日は午後から雪まるださんに同行してK氏邸でオフ会をしました。
目的はこれです。
イメージ 3

アキュフェーズの最新鋭DACとトラポ900番です。
DACのDC-901はカプリースと同じESS社のES9018DACチップを4個搭載して片チャンネル
16パラで使っています。(カプリースは4パラ)

イメージ 4

インフィニティーのルネッサンス90スピーカー
小さく見えますが1m以上ある背の高いフロアー型4ウェイスピーカーでハイとミッドはリボン
ミッドローとローエンドはコーン型でした。
音は高域は軽く爽やかで低域は厚みのある音です。特に超低域の量感が凄いスピーカーでした。

DC-901のfirst impressionは、自然な音という感じをうけました。
所謂アキュフェーズトーンと言う音ではなく癖の無い極自然な音というのが当っていると思います。
「それじゃカプリースと同じじゃないか」といわれそうですが
正直その通りかもしれません。しかしカプリースの売りの優しさとしなやかさと自然さでは
DP-901がこれを上回ると思います。
高解像度を強調した様な音とは全く違う音ですが細かい響きなどはキッチリ聴き取れます。
カプリースはステレオ使用ではなくモノ使用であれば良い勝負をしそうですが
単体どうしの比較ではDP-901の方が上なのは明らかでした。

しかしこの後アキュフェーズのセットで聴いたSACDの音は一気にアナログの音に接近し
次元の違う音が聴けましたので、この比較の差もあくまでCDと言うメディアの枠の中での話しでしかない様です

帰りの車中で「CDの音はすでに限界点まで たどり着いているのかもしれないな」とか
「SACDは音は良いのは分かるが盤の発売数から考えるとソフトのない高性能ゲーム機のようだよな」
と言う様な話に雪まるださんとなりました。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

19日の午後からはClarkさんが当家オーディオルームを訪問してくれました。
この時の事をクラークさんがブログの記事として載せてくださいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/nwcnj363/13709363.html

イメージ 1

Clarkさん所有のローズウッド集成財の素晴しい出来のキャビに入った8cmフルレンジ
無垢の天然木と同じ様に綺麗な木目が魅力的で磨けば艶がでるので手入れも楽しみになりますね。

イメージ 2

これまた素晴しい出来のスタンドに載せて試聴しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/nwcnj363/13616545.html

ドライブアンプはフルレンジSP大好きのフィデリックスのセレナーテのリモートセンシング付き
自分の重視する音のピントが「ビシッ」と合い滲みの無い予想どおりの気持ちの良い音がでました。
音量はもちろん大きくできませんが、エンクロージャーの材質のせいか
余計な音が全くと言っていいほどしません。
フルレンジですが使用ユニットの能力の高さもあり、
レンジ感も十分でフルオーケストラとかでなければ殆ど不満がでません。
とくにボーカルとソロ楽器の演奏は実にリアルで素晴しかったです。

CAPRICE発売一周年とLowestについて。

CAPRICEが発売されてまもなく一年です。
予約数も含めての出荷台数は脅威的な数の500台になろうとしています。
これもひとえにユーザーの方達の高い評価の現れと自分は思っています。

 さてCAPRICEが出現して初めて耳にするLowestと言う言葉があります。
CAPRICEがでるまでは、殆どの人は聞いた事が無い言葉だとおもいます。
DACチップES9018に付いている設定で、バンド幅と言う物を狭く変更出来るようにしてある事から
音に悪影響を及ぼすジッターを画期的に減らせる設定なのです。
そのバンド幅の一番狭い設定がLowestですが、あまりにも厳密な設定のため極僅かな事が原因で
ロックが外れる(音が途切れる)現象が起ります。

このCAPRICEのLowestですがSPDIF/16bit/44.1KHzでは殆どの場合は正常に動作しますので
通常使用の場合は心配いらないとおもいますが、
所謂ハイレゾと言う高い周波数になればなるほどノイズなどの影響を受け不安定になります。
この場合はバンド幅を広げられる設定になっていますのでハイレゾでも十分に安定動作はします。
しかしハイレゾをLowestで安定に動作させるには様々な条件があり難しい事は先の記事にも書いたとおりです。
Lowest以上に高音質の音をハイレゾで安定再生したいという人のためには
I2S端子がオプションで付けられる様にしてあり今後発展させていく予定になっています。

あえてCAPRICEの初期設定をLowestにしたのは、「この音こそCAPRICEの音だ」という
フィデリックスの意志の表れだと思います。
もしCAPRICEが安定志向を取り、このLowestの設定をつけなければ
他にどこのメーカーも難しい動作を強いられるこの設定を設ける事は無かったでしょうし
ユーザーはこの様な劇的に音が良くなる設定が有る事すらわからなかったはずです。
CAPRICEの価値はあえてこのLowestの設定を設けて、その高音質を多くの人に知らしめた事だと私は思います。

CAPRICEが大ヒットしたのは抜群の音質のLowestの音があったからであり
安定に動作させる事の難しいLowestが捨てられずに生かせたのは、CAPRICEがあったからこそなのです。

追記
最近このLowestでのロック外れがネット上で騒がれていますので、この事について中川 さんに話を聞いたところSPDIFのLowestで24/192がかなり安定に動かせるノウハウが9月13日に見つかったそうです。
これは第5ロット以降に取り入れるとの事です。
9月13日までの物と、これから送られてきたCAPRICEにもこの追加対策ができるそうですので
御希望の方はフィデリックスに相談してみてください。
ただし、16/44.1がMidでも ロックはずれを起こすトランスポートが存在する事が分かっているだけに、
ユーザー環境での動作保証はMidでも無理で、取り説に書いてあるとおりMidに設定すれば
「おおむね」手堅い動作を得られるという内容には変更は無いそうです。

PCオーディオについて

自分はアナログの再生がメインです。そしてデジタルの音を苦労して やっと聴けるまでになりましたが
フィデリックスがカプリースを発売した事で購入者の音楽再生方法が
パソコンをトランスポートに使って聴く人が急増している事が分かりとても驚きました。
フィデリックスの中川さんも当初パソコンをトランスポートにする人を少数派と捉えていたようですが
すでに多数派となっているのではと思える状況のようです。

私はパソコンをトランスポートに使って音楽再生はしませんが
PCを使用して検証した中川さんや友人のニッパさんの話を聞くと
パソコンは音楽データを処理したり溜めたりするには非常に便利だが
CDやメモリーから音楽データをPCに移しそれを再生すると音が極端に悪くなると言います。
PCからメモリーや盤に焼いたものをオーディオ機器で再生すると
また澄んだ元の良好な音が再生できるようになる事から
PCの中のノイズがもの凄い悪さをしていると言う事の様です。

これからの音楽再生はパソコンが主流になる勢いなので
中川さんに「なんとか音楽を聴けるまでPCを改善してみては?」と言ってはみましたが
自分達の納得できる純度の高い自然な音をPCで再生するには
かなり高く困難な壁が立塞がっているようです。

ニッパさんのサイトです。
http://www.nippaweb.net/myroom/

カプリース第5ロット完売

フィデリックスにCAPRICEの予約状況を聞いたところでは
順調に販売台数が延びて第5ロット分の予約は完売したようです。
予約頂いた第5ロット分の発送は9月後半になるようですので
もう暫く御待ちください。

なおCAPRICEの第6ロット分の予約は引続き受けているそうです。

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR