FC2ブログ

音の良いプレーヤーの秘密

イメージ 1

私は長い間fidelix社のアンプを探索機の様に使って、フォノに入力する機器はどの様なものが良いのか探ってきました。
オーディオを始めた頃はプレーヤーは「正確に回っていれば、どれでも同じ」くらいに思っていましたが、『プレーヤーで音が変わる!! しかもアンプの比ではないほど』と教えてくれたのは秋葉原で聴いた発売間もない リンのLP-12でした。しかし販売店で『LP-12の音が良いのはターンテーブルが4㎏もあり慣性モーメントが大きいからだ 』と聞かされてからは関心が重量級ターンテーブルのマイクロのプレーヤーの方に向いてしまいました。(本当はそれだけじゃないのに・・・)
それからはプレーヤーに夢中になり色々と実験を繰り返すことになります。

私の音の原点はfidelix社の中川さんに教えてもらったプラッターをモーターを使わないで手で回した時の『手回しプレーヤーの音』が究極であると確信しています。(手回しプレーヤーの話の出所は江川三郎さんだと思います。)
イメージ 2
電源を切り、モーターを使わないでストロボを見ながら写真の様にターンテーブルを手で回してみてください。もちろんピッチは合いませんが音の重心は低く、今まで聴いた事がないほど滑らかで優しい音がする事が聴き取れると思います。(ベルトドライブや糸ドライブの場合はベルトを外さないとスムーズに回りません)この実験で音を悪くする一因はモーターのトルクリップルだと確信したのです。
私が最初に使ったダイレクトドライブのプレーヤーはクォーツを使いワウフラッター0.03%の高精度を謳っていましたが実際にはモーター軸とターンテーブル軸が直結で、モーターの致命的な弱点のトルクリップルなどの振動がそのまま伝わってしまい『手回しの音』とはかけ離れた音がしますので、まず一番に使用不可です。
その後、糸ドライブを試しました。マイクロのRX5000は慣性モーメントを巨大にして外乱を吸収する構想です。確かにダイレクトドライブよりは滑らかに回転します。ここで試したのはモーターの種類による音の違いでした。専用の駆動モーターの♯5500のDCモーターよりシンクロナスモーターの方がより滑らかに聴こえ優位性は明らかでしした。
しかし巨大ターンテーブルのモーメントをハイスピード・イナシャーなどでどんどん増やしていっても音は良くはなりますが、限がありません。
(この事は超巨大慣性モーメントプレーヤーで実験した江川三郎さんも先が見えないと話しています。この事の理由は後で判る事になるのですが。)

この後マイクロのエアーベアリングターンテーブルのSX-8000を導入します。
イメージ 3
エアーフローティングされていますので極々僅かな力でスルスルとターンテーブルが回りますので、トルクリップルを極小にする為シンクロナスモーターの電圧をやっと回る限界まで下げて使用しました。
やはり思ったとおり滑らかな方向に改善しましたが まだ納得ができません。

丁度この頃 リンのLP-12を久々に聴く機会があり、これだけ実験して苦労した8000番よりも なんの変哲もないLP-12から滑らかで活き活きとした より手回し回転に近い音で鳴る事が判り愕然としてしまったのです。(正直 狐に化かされて夢でも見ているかのようでした。)LP-12の発売から すでに10年の時が経っていました。

理由を考えましたが内周のサブターンテーブルにベルトをかけている事が秘密のようです。

ターンテーブルの外周を手で回すと僅かな力で簡単に回りますが、
センタースピンドルを持って素早く回すのは人の力でも容易ではありません。
この事からモーターからみてターンテーブルの内周を素早く細かく急加速して回す事は困難なので、
直に微細な振動が伝わらずユックリと加速しますのでトルクリップルが伝わりづらく、(内周駆動にすると直流的な駆動力はシッカリ伝わりますが、モーターのトルクリップルやベルト伸縮などのAC的な細かな振動をメカニカル的にカットするフィルターの働きをする)
またベルトの掛かっているサブプラッターの外周に直径の大きいメインプラッターがフライホイールの役目をする為
「そうか!プラッターが軽くてもモーターから見た見かけ上の慣性モーメントは巨大になるんだ。」と気がついたのです。また伝達するものも柔らかいゴムベルトが直接モーターの細かい振動を伝わりづらくしていると理解しました。

現在のターンテーブルでもマイクロの糸ドライブの様に外周に糸またはベルトを掛けるようになっている機種がありますが、内周をドライブするターンテーブルの方に優位性があることが判ります。(外周に糸やベルトが掛かっているとモーターの振動やプーリーの偏芯、そして糸やベルトの伸縮などの影響を受けやすい。)

もちろんターンテーブルやシャフトの工作精度、モーターの出来が良くなければならないのは当然です。どんなベルトドライブプレーヤーでも良い音で鳴るわけではありません。

糸ドライブの様な超重量級ターンテーブルは物量を投入した非効率的なやり方で
見かけほどは音は良くはなりません。内周ベルトドライブは頭を使えばもっと効果的で音の良いものが作れることを証明しています。
リンやトーレンスのプレーヤーの音の良さの秘密が解かるにつれて本当に先人の感性の素晴らしさには、ただただ脱帽するばかりです。

この事が判ったので購入してから程なくマイクロのSX-8000は手放しました。


追記!
マイクロの8000番を手に入れて判った事がまだあります。
皆さんも使用されている材質が音に出る、と言う事は何時も経験していると思います。
8000番のターンテーブルはステンレス製です。
これは主観ですがステンレス自体の音は冷たい固有の響きがあるように感じます。(鉄も同じ)
鉛やゴムなどの音は鈍くオーディオ用には適さず真鍮は派手であざやか、アルミはジャカジャカした音が付きまとい、ガラスは高域にピークがあるように感じます。
叩いてみて素直な癖のない響きのものがオーディオ用の材料に適していると思っています。

また8000番はエアーベアリングですので空気でターンテーブルをダンプしてありますので叩くと殆んど鳴きません。この事で音楽が無機的で活き活きと楽しく鳴らない原因になっているのではと思います。(音楽の微細な響きまでも空気でターテーブルごと一緒にダンプしている)
全てのオーディオ機器もオーバーダンプにならない事が楽しい音楽を鳴らす為にも重要だと思っています。
ちなみにLP-12のターンテーブルは亜鉛製できれいに響きます。この事が音楽を楽しく鳴らす秘密の一つになっているのではと考えています。

追記
内周ドライブの正しい名称は輪軸と言うようです。
一般には小さな力で大きな重さのものを釣り上げる滑車ですが、
これを逆に使った方法になります。
スポンサーサイト



ノンカラーレーションの意味

フィデリックス社のアンプは直接原音比較法を使い、ノンカラーレーションを目指して作られています 。
以前にも書いたようにアンプの理想は「ストレート・ワイヤー・ウィズ・ゲイン」です。(増幅度を持った一本の電線の様に)

「フィデリックスのCERENATEの音色はどんなでしょう?」の問いかけに
別の方は「音色は無い。」と答えています。一度フィデリックスのアンプを聴いたことのある人には「まさにその通り。」とすぐに理解できますが、聴いたことの無い人には全く理解できないと思います。

ノンカラーレーション(色付けがない)アンプ=色が無い=無色透明=つまらないアンプだと誤認している人が多いのではないでしょうか。
これは以前オーディオ雑誌によく「日本製のアンプは色付けが無く、外国製に比べて生真面目で表情に乏しく つまらない音」などと ひょ~ろん家の大先生方がよく書いていた影響ではないかと思っています。
しかしこの「表情に乏しく、素気なく、つまらない音」こそが信号の上流が持つ大きな色付けなのです。

入力にたいして脚色をせず高忠実に出力できるアンプは、やさしい音はやさしく、激しい音は激しく、静な音は静に音楽のダイナミズムを そのまま表情豊かに再現してくれるのです。
これはどんな入力にも対応できる、アンプ自身の表現の幅が広いことを表しているのです。

HITACHI H-70HD トゥイーター健闘す

イメージ 1

かねてより探していたトゥイーター、
HITACHIのH-70HDが手に入った。
30年以上前に開発されたトゥイーターは、はたしてどんな音を奏でるのか・・・

当時、日立製作所が総力を上げて開発したトゥイーターH-70HDは
Lo-Dの最高傑作スピーカー HS-500に採用され
アルニコマグネット、無垢アルミくり貫きホーンを採用した贅沢な作りで、かなり重量もあります。
もう一つの特徴は、最新鋭ホーントゥイーターは総て金属振動板を採用しているが
これは振動版にマイラーを使っているという事です。

さて音はどうでしょう。
比較はベリリュウム振動板を採用した、ゴトーのSG-160BL トゥイーターですが
10倍以上価格差があります。
SG-160BLを聴いた後では、H-70HDは一聴、角の丸い柔らかい音という印象です。
SG-160BLの音は鮮鋭で空間のクリアーさ、情報量ではH-70HDを一蹴します。
しかし暫くH-70HDを聴いてみると、自然で強調感のない優しい音として聴こえます。
情報量もSG-160BLほどではないですが、十分です。
とくにシンバルなどの叩く音よりバイオリンなどの擦る音に優位性がありますね。

総評ではSG-160BLに良い点を付けますが、価格差を考えればH-70HDは
凄いトゥイーターだと思います。やはり希代の傑作トゥイーターだということは確かです。

イメージ 2

ツィーターの特性です。ブルーゴトーSG-160BL ピンク日立H-70HDです。グリーン謎のツィーター
距離5m、L+R、アッテネーター0db(マイク特性12500までフラット、20000Hzで10db落ち)

追記
何日かH-70HDを鳴らしていますが、今このツィーターの音に夢中になっています。
音の粒子の細かい滑らかで、やさしい絹のような肌触りと言う表現がぴったりの音だと判ってきました。
ゴトーはH-70HDに比べ抜けがよく鮮明に聴こえますが
音像のまわりに響きが少なくコントラストが強くついているようです。
H-70HDは響きが多く出ているため背景と音像のコントラストが少なく聴こえてしまうようです。
しかし実際はシッカリと鮮明で倍音いっぱいの自然な音なのです。ウーン・・・恐るべしH-70HD
(この差はかなりレベルが高い音の差で、暫らく聴いてみての差として聴きとれました。)

カーペンターズのNow&Then

イメージ 1

若い頃からコンサートまで行く大ファンでした。
カレンが亡くなってから、何十年と聴きませんでしたが
最近になってから再び聴くようになりました。
柔らかい歌声と素晴らしい歌唱力には、ただただ聞惚れるばかりです。
B面のカヴァー・メドレーが秀逸です。
米A&М オリジナル盤

ハイドンの交響曲

イメージ 1

今日はドラティ指揮ハイドンの交響曲です。

友人のA氏に頂戴した物ですが、聴いてみたところ
とても楽しく録音も良いレコードでした。
英ロンドン盤

コルサコフのシェラザード

イメージ 1

コンドラシン指揮リムスキー・コルサコフのシェラザードです。

この曲は大好きで、この盤には、はまりました。
海とシンドバッドの船のシーンのダイナミックさ、
クレバースの弾く、糸の様に細くバイオリンで奏でられる
シェラザード姫のテーマが心に残ります。
一枚聴き潰しました。現在二枚目です。
蘭フィリップス盤

セヴィリャの理髪師

イメージ 1

今回もアバド指揮ロッシーニのセヴィリャの理髪師です。

生き生きとして流れるような躍動的な音楽が素晴らしいです。
ここでもロジーナ役にベルガンサが起用されています。
独グラモフォン盤

ビゼーのカルメン

イメージ 1

クラウディオ・アバド指揮ビゼーのカルメンです。
男たちが囲む中、中心でハバネラを歌うベルガンサのカルメンを
目前で見るようです。躍動感あふれる序曲も素晴らしいです。
独グラモフォン盤

プロフィール

millionhit515

Author:millionhit515
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR